企業団と統合に向けての覚書を締結しました(水道事業)

「水道事業の統合に向けての検討、協議に関する覚書」を締結 

  平成30年10月9日火曜日、本市水道事業と大阪広域水道企業団との間で、「水道事業の統合に向けての検討、協議に関する覚書」を締結しました。

 本市水道事業においては、給水収益の減少、施設の老朽化に伴う更新費用の増加など、今後、経営環境が厳しくなることが見込まれています。これらの課題解決に向け、経営基盤及び技術基盤の強化、住民サービスの更なる向上を図るため、企業団との統合に関し、具体的に検討、協議を進めてまいります。

覚書締結

お問い合わせ
上下水道部経営企画グループ