指定給水装置工事事業者の指定の更新制度が導入されます

指定の有効期限が「無制限」から「5年ごとの更新制」に変わります

 令和元年10月1日に「水道法の一部を改正する法律」が施行され、水道法第25条の3の2に、指定給水装置工事事業者の指定の効力は、5年ごとに更新を受けなければ失効する旨が新たに規定されました。
 そのため、現在指定を受けている指定給水装置工事事業者の方につきましても、指定の有効期間が経過する前に、更新の手続きを行っていただく必要があります。
 なお、既に指定を受けてから5年が経過している事業者の方には、政令により指定を受けた時期によって経過措置が設けられています。
 更新の手続きについては、後日、市ホームページや窓口にて案内します。

大阪狭山市以外の水道事業者から指定を受けている方へ

 更新の手続き方法や申請書類の提出時期などにつきましては、水道事業者ごとに異なりますので、それぞれの水道事業者で確認をお願いします。

 

指定給水装置工事事業者のみなさまへ(PDF:372.7KB)

お問い合わせ
上下水道部上水道グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。