パブリックコメント

パブリックコメント手続とは?

計画や条例などを策定や変更するときに、市民の皆さんから意見や提案などをお聞きし反映させるための制度です。

パブリックコメント制度の概要

目的

パブリックコメント手続とは、大阪狭山市が、計画や条例などを策定や変更するときに、その内容を案の段階で市民の皆さんに公表し、その案に対して寄せられた意見や提案などを考慮しながら、最終的な意思決定を行う制度です。また、寄せられた意見を公表し、それに対する市の考え方を明らかにすることで、市の意思決定の過程を明らかにします。

対象

  1. 市の基本的政策を定める計画、個別の行政分野における施策の基本方針、その他基本的な事項を定める計画の策定または変更
  2. 市民生活または事業活動に直接かつ重大な影響を与える条例の制定または改廃
  3. 市政に関する基本方針を定めることを内容とする条例または市民等に義務を課し、若しくは権利を制限する条例(金銭徴収に関する条項を除く。)の制定または改廃
  4. 実施期間がこの要綱の趣旨に照らし、手続を実施することが適当と判断したもの

提案できる人

  1. 市内に住んでいる人
  2. 市内に事業所や事務所を持っている人または法人等の団体
  3. 市内にある事業所や事務所に勤務する人
  4. 市内にある学校に通学する人
  5. 市税の納税義務がある人
  6. パブリックコメント手続きに係る案件に利害関係がある人

パブリックコメント制度の手続き

対象になる案件の公表

計画案など、対象になる案件の内容がわかる資料を、担当するグループ窓口や市役所内情報公開コーナー、市ホームページ、広報誌などで公表します。

ご意見の募集

提出期間は、公表してからおおむね1か月間。募集方法は、資料に記載されている「提出方法」に沿って、担当グループ窓口へ直接提出していただくか、郵送、電子メール、ファクシミリで提出いただきます。

意見の公表

いただいたご意見を内容ごとに集約し、市の考え方や案件の変更と共に、担当するグループ窓口や市役所内情報公開コーナー、市ホームページにて公表します。

手続の流れ

1. 計画案の作成

2. 計画案などの公表

作成した案件を、担当グループ窓口や市ホームページなどで公表します

3. 意見の募集

案件を公表しておおむね1か月間意見を募集します。
提出方法は、公表された資料に記載されている「提出方法」に沿って、担当グループ窓口へ直接または、郵便、電子メール、ファクシミリで提出できます。

4. 意見の検討

いただいたご意見を検討します。
案件に反映できる場合…………案件を修正。
案件に反映できない場合………案件を反映できない理由を公表。

5.結果公表・意思決定

いただいたご意見を内容ごとに集約し、市の考え方、案件の公表と共に公表します。
公表は、担当グループ窓口、市役所内情報公開コーナー、市ホームページにてご覧いただけます

6.議会に提出・報告

大阪狭山市パブリックコメント手続実施要綱

大阪狭山市パブリックコメント手続実施要綱(PDF:15.4KB)

お問い合わせ
市民生活部市民相談・人権啓発グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。