11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です

11月25日は、「女性に対する暴力撤廃国際日」

  暴力は、性別や加害者と被害者の間柄を問わず、決して許される行為ではありません。


 特に、配偶者等(夫・パートナー)からの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等といった女性に対するあらゆる暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で、克服すべき重要な課題です。


 本市では、期間中、大阪狭山市男女共同参画推進センター「きらっとぴあ」と共同で、市役所1階正面玄関前にて、DVに関するパネル展示を行います。

 

<令和元年度の展示の様子>

令和元年度展示の様子

 

暴力にはいろいろな種類があることを知っていますか?

暴力は身体的な暴力のほかに、下記のような暴力があります。

●身体的な暴力

 (具体例)殴る、蹴る、首を絞める、突き飛ばす、髪をひっぱる、腕をひねる、

      引きずり回す など

●精神的な暴力

 (具体例)どなる、脅す、ばかにする、無視する、物をなげる、刃物を出す、

      自殺をほのめかす など

●経済的な暴力

 (具体例)生活費を渡さない、自由にお金を使わせない、外で働くことを嫌がる、

      家計の責任をあなた一人に負わせる など

●社会的な暴力

 (具体例)友人や身内との付き合いを制限する、自由に外出させない、

      電話・メールをチェックする、浮気を疑う・激しい嫉妬、行動を監視する

      など

●子どもを利用した暴力

 (具体例)子どもの前で暴力をふるう、子どもに危害を加える、子どもを取り上げ

      ようとする、子どもの前であなたを非難する など

      ※ 子どもの前で暴力があることは、児童虐待にあたります。

●性的な暴力

 (具体例)望まないSEXを強要する、避妊に協力しない、無理やりポルノなどを見

      せる、無理やり裸の写真を撮る など

 

 これらの暴力の多くは家庭という私的な生活の場で起こるため、他の人に見つかりにくく、長期間に渡って繰り返し行われることで、被害者に恐怖や不安を与え、深刻なダメージを受ける場合が多くあります。

 心当たりのある方は、ひとりで悩まず、まずは各種相談窓口へ相談してください。

 

DV相談窓口について

 DVに関する相談については、下記の相談機関をご利用ください。

●大阪府女性相談センター

 ・電話相談・面接相談

  受付時間  9:00~20:00(祝日・年末年始除く)

  電話番号  06-6949-6022、06-6946-7890

  FAX    06-6940-0075(相談専用)

 

 ・夜間・祝日DV電話相談

  受付時間  上記以外の時間

  電話番号  06-6946-7890

  FAX     06-6940-0075(相談専用)

 

 ・外国人専用電話For Foreign Residents

  (大阪府外国人情報コーナートリオフォン利用)

  受付時間  9:00~17:30(土日祝日・年末年始除く)

  電話番号  06-6949-6181

 

●大阪府子ども家庭センターDV相談専用電話

 受付時間  9:00~17:45(土日祝日・年末年始除く)

 電話番号  0721-25-2065(大阪府富田林子ども家庭センター)

 

●内閣府

 DV相談窓口「DV相談+(プラス)」「DV相談ナビ」については、下記のリンク先をご覧ください。

DV、性犯罪・性暴力でお悩みの方の相談

内閣府男女共同参画局「女性に対する暴力の根絶」

 

●警察署

 緊急時は110番へ連絡してください。各警察署でも相談を受け付けています。

 黒山警察署  072-362-1234

 

●大阪狭山市役所

 受付時間  9:00~17:30(土日祝日、年末年始除く)

 電話番号  072-366-0011(代表)

 

●男女共同参画推進センター(きらっとぴあ)

 開館時間  月曜日から金曜日  10:00~17:00

       第1・第3土曜日    9:00~12:00

       (上記以外の土曜、日曜・祝日、年末年始除く)

 電話番号  072-247-7047

男女共同参画推進センター「きらっとぴあ」

 

市役所及び男女共同参画推進センター(きらっとぴあ)でも、DVに関する相談や情報提供をしていますので、お問合せください。

 

お問い合わせ
市民生活部市民相談・人権啓発グループ