住民基本台帳カードをお持ちの方へ

 

住民基本台帳カードについて

○有効期間満了日まではそのまま使用できます。

○住民基本台帳カードの交付・更新等の業務は、平成27年12月末をもって終了しました。

○有効期間満了後に、本人確認書類として有効となるカードが必要な方は、マイナンバーカード(個人番号カード)を申請のうえ取得してください。

○マイナンバーカード(個人番号カード)を取得する場合は、住民基本台帳カードを返納していただきます。

○マイナンバーカード(個人番号カード)と住民基本台帳カードの両方を持つことはできません。

住民基本台帳カード向け電子証明書について

○住民基本台帳カード向け電子証明書の交付・更新等の業務は、平成27年12月末をもって終了しました。

○有効期間の満了日まではそのまま使用できます。

 ただし、有効期間内であっても、氏名、住所、生年月日、性別の変更等により電子証明書は失効します。

○有効期間の満了などにより失効した後も、電子証明書が必要な方は、電子証明書が搭載されたマイナンバーカード(個人番号カード)を申請のうえ取得してください。なお、マイナンバーカード(個人番号カード)を取得する場合は、住民基本台帳カードを返納していただきます。(有効中の電子証明書が搭載されていても、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付時に失効します。)

マイナンバーカード(個人番号カード)は、申請から交付まで1ヶ月~2ヶ月ほどかかります 。

マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、e-Taxにより税申告手続等を行う予定の人は、早めに申請してください。

「住民基本台帳カードの電子証明書の有効期間満了のお知らせ及びマイナンバーカード交付申請のご案内」はがきの送付について

 平成29年9月29日付けで、平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間に、住民基本台帳カード(住基カード)の署名用電子証明書の有効期間が満了となる方を対象に、「住民基本台帳カードの電子証明書の有効期間満了のお知らせ及びマイナンバーカード交付申請のご案内」はがきが、地方公共団体情報システム機構 より発送されました。

詳しくは、下記サイトを参照してください。

地方公共団体情報システム機構 (外部サイト)

よくある質問

(質問1) 現在持っている、住民基本台帳カードや電子証明書はいつまで使えるのですか?

 有効期間の満了日まで使えます。

 

 <住民基本台帳カード>

 カードに記載の有効期間の満了日まで、そのまま使用できます。

 ただし、マイナンバーカード(個人番号カード)を取得する場合は、住民基本台帳カードを返納していただきます。

<電子証明書>

 発行された日から3年後の有効期間の満了日まで、そのまま使用できます。

 ただし、電子証明書は、氏名、住所、生年月日、性別に変更等があった場合は、有効期間中であっても、即時に失効しますのでご注意ください。

 また、マイナンバーカード(個人番号カード)を取得する場合は、住民基本台帳カードを返納していただきます。

 

(質問2) 住民基本台帳カードや電子証明書の有効期間を知りたいのですが。

 下記の方法で確認してください。

 

<住民基本台帳カード>

 住民基本台帳カードの有効期間はカードに記載されています。(有効期間は交付日から10年間です。)

 

<電子証明書>

 住民基本台帳カード向け電子証明書の有効期間は1または2の方法で確認してください。

(有効期間は発行日から3年間です。ただし氏名、住所、生年月日、性別に変更等があった場合は、有効期間中であっても、即時に失効しますのでご注意ください。)

1.発行時に市役所窓口でお渡しした、電子証明書の写しで確認する。

2.公的認証サービスポータルサイト(外部サイト)で確認する。

(質問3) マイナンバーカード(個人番号カード)の取得に手数料はかかるのですか?

 いいえ。現時点では、初回の交付は無料です。

 ただし、一度取得した後、紛失などで再発行する場合は手数料がかかります。