ビニールカーテンを設置する際は火気にご注意

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策の一環として窓口やレジなどに使用する塩化ビニル製などの「ビニールカーテン」を設置する際は、次の事項にご注意ください。


火気の近くに設置しない!
 防炎機能を有しないビニールカーテンは、火が付くと燃え広がりやすいため、火気の近くには設置しないでください。また、白熱灯など高温になりやすいものの近くでの設置も避けてください。


消防用設備などの障害になっていないか?
 自動火災報知設備の感知器やスプリンクラー設備のヘッド付近にビニールカーテンを設置すると、火災が発生した際、煙を感知しない場合や散水の障害になる恐れがありますのでご注意ください。

自動火災報知設備の感知器

スプリンクラー設備のヘッド

 ビニールカーテンの大きさや設置する建物の用途によっては、消防法により防炎性能を有する製品(防炎物品)を使用するよう義務づけられています。

防炎物品の種類と防炎規制の対象となる防火対象物(日本防炎協会)

お問い合わせ
消防本部・消防署
  • 魅力がいっぱい おいでよ。
お知らせ