ショアリング訓練を実施!

 令和2年3月24日(火)、3月28日(土)に消防署ニュータウン出張所においてショアリング訓練を行いました。
 ショアリングとは、地震などにおいて建物の外壁、天井などに損傷を受け、自重や余震などにより二次倒壊の危険がある建物内に取り残された要救助者を救出するため、損傷を受けた外壁、天井等を支柱などで支えることにより、建物を可能な限り安定化を図る技法であり、要救助者、救出活動をする救助隊の二次災害防止を目的としています。
 他の使用方法として、消火活動後、火災原因調査を行うにあたり、隊員が建物内に入り調査を進めるのですが、焼損を受けた建物内に入るのは危険であるため、ショアリングにより安定化を図るという方法もあります。
 今回の訓練では4種類のショアリングを行い、隊員各々の知識・技術を集結することにより一体となって行われ、災害対応能力及び団結力の強化が図られた良い訓練になりました。
 

訓練前に講師より教養

Tポスト・ショア、倒壊危険箇所へ搬送

レースド・ポスト・ショア完成 (救出活動中、余震などで屋外へ脱出するのに時間が要する場合は、支柱の中で一時避難場所としても活用できる)

スロープド・フロア・ショア (天井が斜めなどに崩壊し、偶発的にできた空間でその空間に合わせたショアリング)作製中

お問い合わせ
消防本部・消防署
  • 魅力がいっぱい おいでよ。
お知らせ