消毒用アルコールの取扱いにご注意ください!

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、手指の消毒等のため、消防法に定
める危険物の第四類・アルコール類に該当する消毒用アルコールを使用する機会が
増えています。
 消毒用アルコールは火気により引火しやすく、また、消毒用アルコールから発生
する可燃性蒸気は空気より重く低所に滞留しやすいため、取扱う場合には十分な
注意が必要です。

消防法に定める危険物となる消毒用アルコールについて

消防法上の危険物に該当する消毒用アルコールとは!
アルコールの濃度が60%以上(重量%)の製品が危険物に該当します。
使用する前に容器表面の表示を確認しましょう!
法令で容器表面に表示が義務づけられています。
【表示項目】
・ 危険物の品名:第四類・アルコール類   
・ 危険等級:危険等II              
・ 科学名:エタノール
・ 危険物の数量:1L
・ 注意事項:火気厳禁                          

消毒用アルコールの取扱いについて

 危険物に該当する消毒用アルコールは、取扱いを誤ると、火災などを引き起こすおそれがあります。次のことに注意しましょう。
火気の近くでは使用しないようにしましょう。
 手指消毒の際に使用する消毒用アルコールは、蒸発しやすく、可燃性蒸気となるため、火源があると引火するおそれがあります。


 

詰替えを行う場所では換気を行いましょう。
 消毒用アルコールの詰替えを行うときは可燃性蒸気が発生するおそれがあり、この可燃性蒸気は空気より重く、低所に滞留しやすい性質があります。


 

直射日光が当たる場所に保管することはやめましょう。
 消毒用アルコールを直射日光の当たる場所に保管すると、熱せられることで、可燃性蒸気が発生します。

消毒用アルコールを貯蔵・取扱う場合の届出・申請について

 危険物に該当する消毒用アルコールを貯蔵・取扱う場合は、消防法又は火災予防条例によりその数量に応じて消防への届出又は申請が必要となります。
消毒用アルコール(第四類・アルコール類)の場合

貯蔵・取扱う数量 届出・申請の有無
80L未満 届出・申請とも不要
80L以上400L未満 届出が必要
400L以上 申請が必要

 

不明な点がございましたら、消防本部予防グループまでお問い合わせください。

お問い合わせ
消防本部・消防署
  • 魅力がいっぱい おいでよ。
お知らせ