消防法令違反の建物をホームページで公表します。

違反対象物公表制度を令和2年4月1日より開始します。

違反公表制度とは

 消防法令に関する重大な違反のある防火対象物(建物)について、その法令違反の内容を利用される方へ公表することにより、利用される方の防火安全に対する認識を高めて火災被害の軽減を図るとともに、建物の関係者による防火管理の確立を資することを目的とします。

公表の対象となる建物とは

 不特定多数の方が利用する施設が対象となります。(特定防火対象物)

 消防法施行令別表第一(1)項から(4)項、(5)項イ、(6)項、(9)項イ、(16)項イ、(16の2)項、(16の3)項

 例) 店舗、飲食店、病院、社会福祉施設 等

公表の対象となる違反とは

 消防法令により建物に設置が義務付けられている屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備のいずれかが消防法令に違反して設置されていないもの。

 

公表の方法とは

 市ホームページに掲載します。

 公表する内容

・ 建物の名称

・ 建物の所在地

・ 違反の内容 (例:自動火災報知設備未設置)

建物の関係者のみなさまへ

 建物に新たにテナントを入居させる場合やテナントが変更となる場合、または、建物の改修工事をするなどの際には、必ず事前に消防本部予防グループにご相談ください。

公表に該当する消防法違反が認められた建物(PDF:27.8KB)

お問い合わせ
消防本部・消防署

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 魅力がいっぱい おいでよ。
お知らせ