「おおさか救命体操~つなぐねん命~」披露!

 市消防団は、平成29年4月30日(日)に狭山池まつりにおいて、「おおさか救命体操~つなぐねん命~」を披露しました。

 「おおさか救命体操」は、大阪府内の女性消防団員が応急手当の普及啓発を目的に、心肺蘇生の手順などを覚えやすくするため、歌詞や振付けを考えて作られました。

 また、「~つなぐねん命~」という副題には、親しみをもって覚えていただき、一人ひとりの大切な命を守るという熱い思いが込められています。

 当日は、「もし、目の前で大切な人が倒れた時には、勇気をもって心肺蘇生を行い、AEDを使うことができるよう、この機会にぜひ覚えて帰ってください。」と、団員が訴えると、多くの来場者が体操に参加されました。

お問い合わせ
消防本部・消防署
  • 魅力がいっぱい おいでよ。
お知らせ