第一生命保険株式会社と包括連携協定を締結

 第一生命保険株式会社は、創業以来、社会貢献活動に取り組み、地域の課題解決への貢献を通じて地域の方々と向き合い、地域とともに成長することをめざし、「健康」「安全安心」をはじめとした幅広い分野で自治体との連携に取り組まれています。本市には営業所として狭山オフィスがあり、大阪狭山市在住の契約者とのつながりがあります。
 高齢化の進行や、今日のコロナ禍において、市民の健康増進の重要性はますます高まっています。包括連携協定を締結することで、同社の生命保険会社としてのノウハウや経営資源、日々の活動を通した市民とのつながりを生かし、市民が安心して暮らせる地域づくりや地域の活性化にともに取り組みます。

連携・協力する分野

  1. 健康増進に関すること。
  2. 高齢者・障がい者支援に関すること。
  3. 防災・防犯に関すること。
  4. 子育て・教育に関すること。
  5. スポーツ振興に関すること。
  6. 市政情報の発信に関すること。
  7. SDGsの推進に関すること。
  8. その他、地域社会の活性化及び市民サービスの向上に協力すること。

協定締結日

令和3年8月18日

連携事業

市政情報の周知協力

日々の営業活動のなかで、新型コロナウイルスワクチン接種情報や、市の災害・緊急情報配信システム市公式LINEなどの周知にご協力いただいています。

認知症予防活動「コグニ体操」DVD提供

第一生命保険株式会社が国立研究開発法人国立長寿医療センターと共同し制作した、認知症予防活動「コグニ体操」のDVDを50枚提供いただきました。いきいき百歳体操の実施地区などで活用していきます。


 

お問い合わせ
政策推進部公民連携・協働推進グループ