大塚製薬式会社と包括連携協定を締結

 大阪狭山市は、市民が主体となって、いきいきと楽しみながら、健康に暮らせるまちをめざし、市民意識の啓発や健康情報の提供を重視し、食生活の改善や運動、生活習慣病の発症や重症化の予防に取り組んでいます。
 一方、大塚製薬株式会社では、少子高齢化が進む中、「健康」をキーワードに、高齢者や労働者の健康維持や増進をサポートする取組みの一環として、製品の研究開発や健康に関する医学的根拠を活かした地域の社会課題の解決に向けた活動を行っています。
 大阪狭山市と大塚製薬株式会社のニュートラシューティカルズ事業部と医療機関を通じた医薬品事業部が連携し、「健康」をキーワードに市民への支援活動を進めます。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、協定締結式はオンラインで行いました。

連携・協力する分野

  1. 健康増進に関すること。
  2. 高齢者・障がい者支援に関すること。
  3. 防災・減災及び災害時の対応に関すること。
  4. 青少年育成・教育に関すること。
  5. スポーツ振興に関すること。
  6. 産業振興・中小企業支援に関すること。
  7. SDGsの推進に関すること。
  8. その他、地域社会の活性化及び市民サービスの向上に協力すること。

協定締結日

令和3年4月28日

連携事業

市職員の「熱中症対策アドバイザー」の資格取得支援

熱中症の発生を防ぎ、正しい知識をもって対応することができる人材を増やすため、本市教職員が熱中症対策アドバイザーの資格を取得できるよう支援いただきました。
 

健康啓発リーフレットの共同制作

熱中症対策やフレイル予防など健康に関する啓発リーフレットを「大阪狭山市×大塚製薬」として共同制作しました。

(例)高齢者のための熱中症対策

高齢者のための熱中症対策(PDF:2MB)

市内中学校に熱中症対策として自動販売機を設置

熱中症対策の一環として、令和3年7月から狭山中学校に自動販売機を設置しています。設置した自動販売機は、災害発生時に商品を無償提供する「緊急時解放備蓄型自販機」となっています。

お問い合わせ
政策推進部公民連携・協働推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。