狭山池築造1400年記念事業実行委員会

------------------------------------------------------------------

狭山池築造1400年記念事業実行委員会公式サイト

------------------------------------------------------------------

 狭山池は、1400 年間にわたってその機能を維持・継承されてきたわが国最古のダム形式のため池です。『古事記』『日本書紀』にも記述が見られ、現在の大阪狭山市、堺市、松原市、羽曳野市、大阪市等にわたる広大なかんがい範囲を潤してきた狭山池は、その歴史的重要性と美しい景観から、昭和16 年には大阪府史跡名勝第1 号に指定され、平成26 年には国際かんがい排水委員会によって、かんがい施設遺産に登録されました。また、発掘調査で出土した「狭山池出土木樋・重源狭山池改修碑」は平成26 年に国の重要文化財に指定されました。
 飛鳥時代(西暦616 年頃)の築造以来、奈良時代の行基や鎌倉時代の重源、江戸時代初めの片桐且元など、歴史上著名な人物が改修にかかわり、狭山池は多くの人々の献身的な努力によって現代まで守られてきました。平成の改修では、治水ダム機能の大幅な改善がなされ、府民に安心・安全と憩いを提供することが可能となりました。平成の改修に伴う調査で築造当初の堤から見つかった、敷葉工法という古代の土木技術は、韓国・金堤(キムジェ)市にある碧骨堤(ピョッコルチェ)の築堤技術と共通するものです。大阪狭山市と金堤市は、狭山池・碧骨堤の世界文化遺産共同登載へ向けての協力と友好交流を約束する「親善及び相互協力意向書」を締結しています。
 わが国の歴史・文化と深い関係性を有する狭山池は、きわめて重要な「生きつづける遺産」であると同時に、大阪狭山市のシンボル、府民・市民のコミュニケーション拠点としても広く親しまれています。古代から私たちへ受け継がれてきた狭山池を次世代へと継承するためには、狭山池の恩恵や価値を再認識し、狭山池とそれを育んだ地域の魅力を国内外へ発信するとともに、今後の地域経済の発展と環境の保全へとつなげる取組みをさらに進める必要があります。狭山池築造1400 年記念事業は、その第一歩です。

構成団体

大阪府、大阪狭山市、狭山池まつり実行委員会、狭山池土地改良区、大阪狭山市商工会、公益財団法人大阪狭山市文化振興事業団、南海電気鉄道株式会社

 

------------------------------------------------------------------

テラス1400への出店募集


全ての日程で出店者が決定いたしましたので、募集を終了させていただきました。ありがとうございました。


 

 

テラス1400出店に関するお問い合わせ

 狭山池築造1400年記念事業実行委員会

 テラス1400事業インフォメーション

 E-Mail terrace1400.info.osakasayama@gmail.com

お問い合わせ
政策推進部広報・魅力発信グループ