大阪狭山市文化財保護審議会

文化財保護審議会とは

文化財保護審議会は、教育委員会の諮問に応じて、市内にある文化財の保存や活用に関する事項について調査・審議し、教育委員会に意見を述べる附属機関です。

文化財保護審議会は「文化財保護法」「大阪狭山市文化財保護条例」「大阪狭山市文化財保護条例施行規則」に基づき設置・運営されています。

7名の委員が委嘱を受けています。任期は2年です。

会長・副会長は委員の互選によって選任されます。

文化財保護審議会委員の紹介

任期:平成25年7月23日~平成27年7月22日

氏名

役職

現職

専門

藪田 貫

会長

関西大学教授

日本近世史

植松 清志

副会長

大阪人間科学大学教授

建築学

石川 知彦

委員

龍谷ミュージアム教授

美術史

上甫木 昭春

委員

大阪府立大学大学院教授

農学・園芸学

千賀 久

委員

葛城市歴史博物館長

考古学

原田 正俊

委員

関西大学教授

日本中世史

藤原 喜美子

委員

流通科学大学准教授

民俗学

 

文化財保護審議会の開催について

平成25年度第2回審議会:開催日未定

文化財保護審議会の開催状況

平成24年度

平成24年度第2回審議会(PDF:97.4KB)

平成25年度

平成25年度第1回審議会(PDF:101KB)

平成26年度

平成26年度第1回審議会(PDF:90.2KB)

お問い合わせ
教育部歴史文化グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。