平成29年度の小中学校における熱中症等への対応について

 

大阪狭山市教育委員会事務局

学校教育グループ

 

 大阪狭山市教育委員会では、一学期に続いて二学期が始まるこの時期に、再度熱中症等に対する事故防止の徹底について、各小中学校へ通知いたしました。

 各小中学校においては、継続的に児童・生徒へ熱中症予防の指導をするとともに、これまでから、学校だよりや保健だより等で、保護者への啓発を進めています。

 今年度は、学校での活動によって生徒が熱中症になった事案を受け、これまでの取組みを振り返り、市教委と学校の連携のもと、次のように取り組んでいます。

 

・7月の小中校長会において、市教委から環境省のリーフレットを配布し、各校の熱中症防止の取組みに活用。

・7月実施の専門家による研修に、全小中学校から参加。

・7~8月に市教委から学校別のヒアリングを行い、各校の対応状況を確認。

・各校では『熱中症対策マニュアル』等にもとづき、対応の共通理解を図り、対策を実施。

 

 このたび、狭山中学校の「熱中症対策マニュアル」作成について、専門家の指導を受けましたので、市教委としてこのマニュアルをベースに取り組むよう、指示しています。

 今後も市教委と学校で、熱中症等に対する事故防止に取り組んでまいりますので、保護者の皆様と地域の皆様の、ご理解とご協力をお願いいたします。

狭山中学校の『熱中症対策マニュアル』(PDF:284.5KB)

お問い合わせ
教育部学校教育グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。