非常災害時(台風・地震)における対応について

【台風の場合】

○登校前に警報が発令された場合

まず、午前7時現在で状況を判断します。

・当日、午前7時現在、台風による「暴風警報」「大雨警報」のいずれかが、大阪狭山市または大阪府全域または南河内地域に発令されている場合は、登校を見合わせて午前10時まで自宅待機とします。

次は午前10時現在の状況による判断となります。

・午前10時現在でなお、上記警報が発令されている場合は、臨時休校とします。  

・午前10時までに警報が解除された場合は、登校し、午前中授業を行います。

 

○登校後に警報が発令された場合

・児童・生徒が在校中に、上記警報が発令された場合には、早期下校とし、それぞれの学校に応じた安全確保を行います。

・下校に危険が予想される場合には、各担任管理のもと教室等安全な場所で待機させることもあります。

・在校中に、警報が解除された場合には、安全を確認してから下校させます。特に児童については、特段の配慮を行い、下校時に引率を行います。

 

 

【地震の場合】

・ 当日、午前6時から登校までの間に、大阪狭山市およびその周辺地域において、「震度5強以上」の地震が発生した場合は、臨時休校とします。

・上記の時間帯・地域に、「震度5弱以下」の地震が発生した場合は、周囲の被災状況等を確認したうえで、通常通り登校してください。

・在校中に、地震が発生した場合には、児童・生徒の身体及び生命の安全確保を第一とし、被害状況等を確認の後、迅速かつ最適な対応を行います。

お問い合わせ
教育部学校教育グループ