児童手当

平成24年4月1日から「子ども手当」は「児童手当」に変わりました。

1.支給対象

児童手当は、中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)の児童を養育している方に支給します。

  • 支給対象となる児童は、留学中の場合などを除いて日本国内に居住していなければなりません。
  • 児童福祉施設等に児童が入所している場合は施設の設置者に手当を支給します。

2.支給月額

支給月額表
0歳~3歳未満 15,000円
3歳以上~小学生(第1子、第2子) 10,000円
3歳以上~小学生(第3子以降 ) 15,000円
中学生 10,000円
所得制限額以上
(平成24年6月分から所得制限が実施されます。)
5,000円(一律)

第3子以降の数え方は、18歳到達以降最初の3月31日までの児童から数えます。

3.所得制限限度額

所得制限限度額表

扶養親族等の数

所得制限限度額(万円)

収入額の目安(万円)
給与収入のみの場合

0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

児童を養育している方の所得が上記の額以上の場合、法律の附則に基づく特例給付(児童1人当たり月額一律5,000円)を支給します。

4.支給日

手当の支給日は、6月(2~5月分)、10月(6~9月分)、2月(10月~1月分)の各月の8日です。支給日が金融機関の休業日にあたるときは、その直前の営業日になります。

転出等で受給資格がなくなった場合は、上記支給日以外にも振込を行う場合があります。

5.その他

次のような場合は、手続きが必要です。

  • 子どもが生まれたとき
  • 転入や転出したとき
  • 新たに対象となる年齢の子どもを養育することになったときや、養育しなくなったとき

手当は申請月の翌月分からの支給となります。ただし、出生日あるいは養育するようになった日の翌日から起算して15日以内申請を行った場合は、出生日あるいは養育するようになった日の翌月分から支給されます。

お問い合わせ
こども政策部子育て支援グループ