母子家庭等自立支援教育訓練給付金

 ひとり親家庭の母または父が、職業能力の開発のために雇用保険制度等の教育訓練給付の指定教育訓練講座を受講する場合、受講料の6割相当額を給付する制度です。

(注意)事前相談が必要です。講座を申し込む前に、必ずご相談ください。

 

受給資格

 大阪狭山市に居住しているひとり親家庭の母または父で、次の条件を満たす人を対象とします。

  1. 児童扶養手当の支給を受けている、または同様の所得水準にあること
  2. 対象講座の受講開始日現在において、雇用保険法による教育訓練給付金の受給資格を有していないこと
  3. 対象講座を受講することが適職に就くために必要と認められること
  4. 過去に本給付金を受給していないこと

対象講座

 給付金の支給対象となる講座は次のとおりです。

  • 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座
    (以下のリンクから検索できます。)

教育訓練講座検索システム(厚生労働省)

  • 就職に結びつく可能性の高い講座で、国が別に定めるもの
  • 上記の他、地域の実情に応じて指定される講座

支給額

 本人が支払った対象講座受講費用の60%に相当する額(1円未満の端数は切り捨て)

 支給額は下限12,000円、上限200,000円です。

 ただし、12,000円を超えない場合は、この事業の対象とはなりません。

提出書類について

申請に必要な書類

  1. 対象講座指定申請書
  2. 申請者とその児童の戸籍謄本、または戸籍抄本
  3. 児童扶養手当証書の写し(児童扶養手当を受けている人のみ)、または前年度の所得証明書
  4. 受講を希望する講座を主宰する事業者名、講座名、連絡先等が確認できる資料の写し(パンフレット等)

上記書類を提出していただいた後、対象講座指定決定通知書を送付します。

給付金の支給に必要な書類

  1. 教育訓練給付金支給申請書
  2. 対象講座指定決定通知書
  3. 教育訓練修了証明書の写し(教育訓練施設の長が認定したもの)
  4. 教育訓練経費についての領収書(教育訓練施設の長が認定したもの)
お問い合わせ
こども政策部子育て支援グループ