(受付終了)住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

申込期限は9月30日に終了しました。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

 

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、臨時特別給付金を給付します。

臨時特別給付金のご案内(PDF:886.6KB)

支給対象世帯

 

(1)非課税世帯

令和4年6月1日に、住民基本台帳に記録されており、世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯(令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯を除く)

※世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯の申請期限は5月1日をもって終了していますが、やむを得ない事情により申請が遅れている場合は、事業事務局までご連絡ください。

※租税条約による住民税の免除を届け出ている方がいる場合は、支給対象となりません。

(2)家計急変世帯

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、世帯のうち令和4年度分の住民税均等割が課されている方全員の、令和4年1月以降の1年間の収入(所得)見込額が、「住民税均等割が非課税となる水準」に相当する額以下である世帯

・令和3年1月から令和3年12月までの任意の1か月での申請は終了しました。

 

※(1)(2)いずれの世帯も住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除きます。また、既に給付金を受給された世帯に対し、再度支給されるものではありません。

給付金額

1世帯当たり10万円

手続き等

(1) 非課税世帯  (※9月30日〆切 消印有効)

大阪狭山市から対象者と思われる世帯に令和4年6月30日より順次確認書を発送しています。同封する返信用封筒に必要書類を入れて返送をお願いします。

(2) 課税情報がない世帯(令和3年12月11日以降に転入者がいる世帯) (※9月30日〆切 消印有効)

大阪狭山市から課税状況が把握できない世帯に令和4年6月30日より順次申請書を発送しています。
非課税世帯に該当すると思われる方は、同封する返信用封筒に必要書類を入れて返送をお願いします。

(3) 家計急変世帯 (※9月30日〆切 消印有効)

申請窓口(大阪狭山市臨時特別給付金事業事務局)等で申請書及び申立書を配架しています。(令和4年1月以降の任意の1か月で申請される場合

※申請書及び申立書は、市役所生活援護グループ、ニュータウン連絡所、大阪狭山市社会福祉協議会、生活サポートセンターでも配布しています。また、当ホームページでもダウンロード可能です。

対象となると思われる方は、必要書類を入れて、申請窓口へ提出をお願いします。

家計急変世帯分申請書(PDF:287.5KB)

家計急変世帯分申請書(記入例)(PDF:292.6KB)

簡易な収入(所得)見込額の申立書(PDF:258.4KB)

簡易な収入(所得)見込額の申立書(記入例)(PDF:290.3KB)

お問い合わせ

本市の専用コールセンターについて

本市の専用コールセンターについては、令和4年1月28日から開設しています。

○大阪狭山市臨時特別給付金事業事務局

場所:大阪狭山市役所 別館第3会議室

電話番号:0120-488-848(現在はフリーダイヤルに切り替わっています。)

時間:午前9時30分から午後5時まで

(土、日、祝日を除きます。)

制度についてのお問合わせ

○内閣府コールセンター

電話番号:0120-526-145

時間:午前9時から午後8時まで

(土日祝日を含みます。)

 

 

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について(内閣府)

詐欺にご注意ください

給付金を装った特殊詐欺や個人情報の搾取にご注意ください。

給付金の支給にあたり、ATMの操作をお願いしたり、現金の振り込みを求めること等は絶対にありません。

不審な電話や郵便物があった場合は、警察署や警察相談専用電話(#9110)に連絡してください。

お問い合わせ
健康福祉部生活援護グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。