認知症サポーター養成講座

 目的

認知症に関する正しい知識の普及と認知症の人と家族が安心して暮らし続けることのできるまちづくりを目指して、 認知症の人と家族を支援する『認知症サポーター』養成講座を実施します。

全国的な背景

  • 認知症は老後の最大の不安であり、超高齢社会を迎えようとする日本にとっては最重要課題のひとつとなります。認知症は誰にも起こりうる脳の病気によるもので、85歳以上では4人に1人にその症状があるといわれています。今後、ますます高齢化が進み、20年後には認知症の人が倍増することが予測されています。
  • 認知症の人が記憶障害や認知障害から不安に陥り、その結果まわりの人との関係が損なわれることもしばしば見られ、家族が疲れ切って共倒れしてしまうことも少なくありません。しかし、周囲の理解と気遣いがあれば、地域の支えあいによって穏やかに暮らしていくことが可能になります。

市の取り組み

  大阪狭山市では平成18年度から地区自治会、介護者家族や介護保険施設関係職員、イベントでの一般市民などを対象に認知症サポーターの養成に取り組んでいます。健康で安心して暮らし続けられる思いやりのあるまちづくりの一環として、平成23年度からは新たに市内の小・中学生を対象に認知症サポーター養成講座を実施し、認知症サポーターをたくさん養成しています。

認知症サポーターとは

  • 認知症サポーター』は何か特別なことをする人ではなく、認知症の 正しい知識やつきあい方を理解し、認知症の人や家族に対して温かい目で見守る応援者として、自分のできる範囲で活動します。
  • 友人や家族に学んだ知識を伝えること、認知症になった人や家族の気持ちを理解するように努めること、隣人あるいは商店、交通機関等、まちで働く人としてできる範囲で手助けをするなど、活動内容は人それぞれになります。
  • 認知症サポーターは『認知症サポーター養成講座』を受講することで認知症サポーターになれます。

認知症サポーター養成講座を受けるには

  • 認知症サポーター養成講座では『認知症ってどんな病気?』『どうやって関わったらいいの?』『私たちにできることは?』といった内容をわかりやすくお話します。
  • 認知症サポーター養成講座は次の内容で実施できます。

開催日時

ご都合の良い日(土曜日、日曜日、祝日でも可)

ご都合の良い時間帯

開催場所

大阪狭山市内

時間

1時間から1時間30分程度

講師

大阪狭山市内のキャラバン・メイトを派遣します。(キャラバン・メイトとは認知症専門の研修を受けた人です)

対象

大阪狭山市内在住・在勤・通学している方で、5名以上のグループ・団体

  • 認知症について一緒に考え、認知症の人やその家族の方を支える応援者になって、みんなで安心して暮らせるまちをつくるために『認知症サポーター養成講座』を受けてみませんか!!

お申込み・お問い合わせ

大阪狭山市高齢介護グループ  電話0723-366-0011(内線371)

お問い合わせ
健康福祉部高齢介護グループ