新型コロナワクチン接種(その他事項)

台風等による接種中止の基準と中止時の予約変更について(令和4年9月5日更新)

 保健センターの集団接種及び市コールセンターで予約受付を行っている医療機関の個別接種につきましては、台風等による警報が発令された場合は、市民の方の安全を第一に考え、下記のとおり接種を中止します。

 予約時にメールアドレスや携帯電話の番号を登録されている方には、接種が中止となった場合、メールまたはSMS(ショートメッセージサービス)にてお知らせします。また振替日は、後日、電話またはメールでお知らせいたします。

中止の基準

大阪管区気象台が大阪狭山市内に「暴風警報」または「特別警報」を発表している場合

●午前7時の時点で上記警報が発表されている場合【午前中(9時~12時)の接種を中止】
●午前11時の時点で上記警報が発表されている場合【午後(正午~午後4時45分)の接種を中止】
●午後2時の時点で上記警報が発表されている場合【午後5時以降の接種を中止】

※ただし、今井医院、とうだクリニック、豊川整形外科、みさこ耳鼻咽喉科クリニック、わかきクリニックは、各医院で中止の判断を行い、このページでお知らせします。

接種の中止に関する情報

 台風等による風水害などで接種を中止する場合は、このページでお知らせします。

 

【オミクロン株対応ワクチン接種】国(自衛隊)及び大阪府による大規模接種会場(10月3日更新)

国(自衛隊)及び大阪府では、大規模接種会場を設置し、新型コロナワクチン接種を促進しています。

 

自衛隊大阪大規模接種会場(オミクロン株対応ワクチン接種)(10月3日更新)

対象者

初回(1・2回目)接種を完了し、3回目または4回目の接種を受けていない人で、次の1・2とも該当する人

1

3回目または4回目の接種券が手元にある人

2

前回の接種から5か月以上経過している

 

会場

北浜会場〈日経今橋ビル〉

大阪市中央区今橋1-3-3/大阪メトロ堺筋線「北浜駅」下車

 

予約方法

予約専用ウェブサイトによる予約とLINEによる予約のほか、電話でも受け付ける予定です。

詳しくは、自衛隊大規模接種会場予約サイト案内をご覧ください

 

コールセンター

一般 0120-296-567
English 0120-891-860
副反応 0120-170-815
開設時間 7時~21時(毎日)

問い合わせのみ

 

大阪府コロナワクチン接種センター(オミクロン株対応ワクチン接種)(10月3日更新)

接種対象者

次の1・2とも該当する人

1

接種日当日、18歳以上で、3回目または4回目の接種券をお持ちの大阪府民

2

前回の接種から5か月以上経過している人

 

会場

1

大阪府心斎橋接種センター

大阪市中央区南船場3丁目4-12/OsakaMetro「心斎橋駅」または、「長堀橋駅」下車

予約方法

インターネット予約、詳しくは、こちらの大阪府接種センターの各サイトをご覧ください。

大阪府コロナワクチン接種センター

 

 


 

大阪府ホテルプリムローズ大阪接種センター(モデルナ(従来株)、ノババックス)(10月3日更新)

会場

大阪府ホテルプリムローズ大阪接種センター

  ホテルプリムローズ大阪3階マサキここちクリニック内

 (大阪市中央区大手前3丁目1番43号)

 

対象者

武田(ノババックス)

1.新型コロナワクチン未接種の12歳以上の府民(初回1・2回目接種)

2.新型コロナワクチン2回目接種終了後6月以上の間隔が空いている18歳以上の府民(追加3回目接種)

 モデルナ(従来株)

1.新型コロナワクチン未接種でモデルナ社ワクチンの接種を希望する府民(12歳以上)

2.新型コロナワクチン2回目接種終了後5か月以上の間隔が空いている府民(18歳以上)

 


予約方法

電話予約:06-6910-1951(マサキここちクリニック)

受付日時:月曜日から土曜日9時から18時 ※祝日を除く
 

 

接種についての注意事項

接種についての同意

市では、新型コロナワクチンの接種を勧めていますが、強制ではありません。接種を受ける人の同意がある場合に限り接種を行います。予防接種を受ける人は、接種券に同封されている説明を読み、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種予約をしてください。受ける人の同意なく、接種を行うことはありません。

新型コロナワクチン接種の説明文 (PDF:1.2MB)

予防接種健康被害救済制度

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生が見られます。万が一、健康被害が発生した場合には、治療に要した医療費(自己負担分)と医療に要した諸費用などの救済給付を行うための制度があります。

「予防接種健康被害救済制度」(厚生労働省ホームページ)

副反応など医学的知見が必要となる専門的な相談(24時間受け付け)

大阪府新型コロナワクチン専門相談窓口(0570-012-336)または(06-6635-2047)、(FAX06-6641-0072)

 

接種日の持ちもの~スムーズに接種を受けるために~

●接種券(ないと接種を受けることができません)
●予診票(必ず記入して持参してください。記入漏れがあると、接種に時間がかかることがあります)

●本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)
●お薬手帳(持っている人のみ)
●医療機関の診察券(個別接種の場合)

注意事項

■接種会場での三密を避け、できるだけ多くの人に短時間で接種するために、接種会場へは予約時間どおりに来場してください

■自動車で来場する場合は、予約時間の5分前まで車内で待機してください

■接種を受けやすい服装(肩を出しやすい服装)で来場してください

■病気で治療などを受けている場合は、必ず事前にかかりつけ医に接種の可否について確認してください

■接種会場ではマスクの着用等、感染予防対策にご協力ください

■当日接種前に検温を実施します。37.5℃以上の発熱がある場合は接種できません

■三密を避けるため、付き添いは介助が必要な方のみにしてください

 

 

 

ワクチンが働く仕組みと効果について 「これから新型コロナワクチンを接種される人へ」

これから新型コロナワクチンを接種される人へ向けて「今、知っておいていただきたいこと」を、近畿大学医学部免疫学教室 宮澤 正顯 教授が解説されていますので、ご覧ください。

※本市と近畿大学は、令和3年6月29日に包括連携協定を締結しました。この協定の締結を機に、これまでの医療・保健といった健康に関する分野での連携に加え、移転後の跡地全体の街づくりなど、様々な分野について連携を深めていきます。

ワクチンが働く仕組みと効果について「これから新型コロナワクチンを接種される人へ」

 

 

 

 

人権への配慮について

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 魅力がいっぱい おいでよ。
予防接種