新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)(9月20日更新)

追加接種(3回目接種)

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)について(9月20日更新)

9月26日(月)からオミクロン株対応ワクチン接種がはじまります。

初回接種(1・2回目接種)を完了した12歳以上の人は、オミクロン株対応ワクチンによる3回目接種が可能です。

※詳しくは、こちらのページをご覧ください。

大阪府において、ホテルプリムローズ大阪接種センター(マサキここちクリニック)では、使用するワクチンが、モデルナ社ワクチン、武田社ワクチン(ノババックス)の追加接種(3回目接種)を実施しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

初回免疫(1・2回目接種)によるオミクロン株感染に対する感染予防効果や発症予防効果は著しく低下しますが、3回目接種により感染予防効果、発症予防効果や入院予防効果が回復しますので、対象となる人は、早めの接種を検討してください

 

3回目接種のお知らせ(3回目接種がまだお済みでない皆さまへ) 

3回目接種のお知らせ(3回目接種がまだお済みでない皆さまへ)

 

追加接種(3回目接種)対象者

2回目接種完了から5か月以上を経過した12歳以上の人

3回目の接種間隔が2回目接種完了から5か月に短縮されたため、新たに追加接種の対象となる人には、接種可能時期にあわせて接種券を発送します。

◆今後も、国の方針の見直しに応じて内容を変更する場合はこのホームページでお知らせします。

 

使用するワクチン

◆12歳以上17歳以下の人は、ファイザー社ワクチン(12歳以上用 ※小児用ワクチンとは異なります。)


国の発表では、追加接種(3回目接種)については、1、2回目接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社、モデルナ社または武田社(ノババックス)のワクチンを用いることが適当とされています。ただし12歳以上17歳以下の人はファイザー社ワクチンのみとなります。                                 追加接種に必要なワクチンは、国から配分されます。市では、国からのワクチン供給量に応じて、ファイザー社、モデルナ社のワクチンの接種を行います。予約時に接種するワクチンの種類を必ず確認してください。
※1、2回目に接種したワクチンと異なるワクチンを3回目に接種する交互接種が可能です。

 

ファイザー社ワクチン説明書(追加(3 回目)接種用)

モデルナ社ワクチン説明書(追加(3 回目)接種用)

武田社ワクチン(ノババックス)説明書(追加(3回目)接種用)

 

追加(3回目)接種に使用するワクチン

 

12歳~15歳のお子さんの保護者の人へ

接種後の体調などに十分な注意が必要です。接種にあたっては、原則、保護者の同伴をお願いします。


ワクチンの説明書をお読みいただいた後、接種を希望する場合には、予診票の署名欄に、保護者の署名をお願いします。保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。また、予診票の電話番号記載欄には、緊急連絡先(必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。

 

予約方法及び接種実施機関

予約にあたって用意するもの
●市から送付された接種券に記載されている接種券番号
●自分のメールアドレス(インターネット予約の場合のみ)

 
 
インターネット予約は、ここをタップ(クリック)↓

大阪狭山市内集団・個別接種サイトリンク

大阪狭山市新型コロナワクチンコールセンターの電話番号は、

コールセンターの電話番号は0120795666

予約方法
リンク/電話番号
受付時間
備考
インターネット予約
新型コロナワクチン接種予約申込サイト
24時間(土・日曜日も予約可)
・メールの受信拒否設定をしている人は、あらかじめ[272311-osakasayama@v-yoyaku.jp]からのメールを受信できるように設定してください
・Google Chrome・Safari・Microsoft Edge・FireFoxのブラウザを使用してください
電話
新型コロナワクチンコールセンター
フリーダイヤル
0120-795-666
午前9 時~午後5 時30 分(土・日曜日、祝日など休日を除く)
かけ間違いに注意してください。
予約受付開始直後は大変電話が混み合い、つながりにくくなることが予想されます

※かかりつけ患者のみが対象の個別接種実施機関への予約を除く

 

(集団・個別)接種実施機関

接種実施機関はこちら

 

接種回数

1回

接種可能時期

2回目接種を行った日から5か月後の同日(5か月後に同日がない場合は、その翌月の1日)以降接種可能

例)令和3年9月1日に2回目を接種     ⇒ 2月1日以降に3回目の接種が可能
     令和3年9月30日に2回目を接種   ⇒ 3月1日以降に3回目の接種が可能

接種券

ワクチン接種の体制に応じ、接種可能となる時期に合わせて接種券を順次発送します

※接種券が届いた時点から予約可能

予診票の右上にあらかじめ接種券が印字された接種券一体型予診票

追加接種(3回目接種)接種券一体型予診票の見本

追加接種(3回目接種)接種券一体型予診票の見本 (PDF:904.5KB)

 

スケジュール

3回目接種の対象者と接種券の発送(予定)をお知らせします。

3回目接種スケジュール

◆3回目接種の接種券は、ワクチン接種の体制に応じ、接種可能となる時期に合わせて順次発送します

◆接種券が届いた時点から予約できます。

 

 

 

接種券の発行・再発行申請

接種券がすでにご自宅等に届いており、紛失などの理由で接種券がお手元からなくなってしまった場合などの際は、再発行の申請が必要になります。

申請の必要な人は、こちらをご覧ください

 

 

『おまかせ予約』登録 ※8月末で予約登録を終了しました。

65歳以上(令和4年3月末現在)の人で、電話やインターネットでの予約が取りづらい人を対象に『おまかせ予約』を行います。接種券送付時に「おまかせ予約」登録用のはがきを同封しています。

次の条件に確認・同意の上、必要事項をご記載いただき保健センターあてにはがきを郵便ポストに投函してください。

登録条件

1.接種日時をご自身で選ぶことはできません

2.接種会場は保健センターで、接種するワクチンの種類はモデルナ社ワクチンです ※ファイザー社ワクチンではありません

3.市で指定した予約日などは原則変更できません ※体調不良などの場合は除く

4.おまかせ予約以外で、ご自身で他の医療機関等の予約はできません

※ご自身で予約をとることができる人や希望の接種日時がある人は使用できません

登録方法

登録条件に同意のチェックをし、氏名、接種券番号※、連絡のつきやすい携帯等電話番号をご記載のうえ、はがきをポストに投函してください。2週間以内に封書で予約日時をお知らせします。

※特に接種券番号(10ケタ)の書き間違いにご注意ください

 

インターネット予約の方法

予約サイト

予約サイトはこちらから

 

予約マニュアル   

 
予約申込サイトに登録済の人
1Web申込操作マニュアル(既に登録済用)

 

予約申込サイトに初めて登録する人
2Web申込操作マニュアル(初めて登録用

 

注意事項

二重予約に注意してください。WEBでの予約完了後は、必ず「マイページ」からご自身の予約を確認してください。

スマホ予約画面_3回目

 

 

 

 

厚生労働省新型コロナワクチンQ&A

 

 

【3、4回目接種】国(自衛隊)及び大阪府による大規模接種会場

国(自衛隊)や大阪府は、3、4回目接種を加速させるため、大規模接種会場を設置しています。

 

詳しくは、こちらをご覧ください

 

大阪府において、ホテルプリムローズ大阪接種センター(マサキここちクリニック)では、使用するワクチンが、アストラゼネカ社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、武田社ワクチン(ノババックス)の追加接種(3回目接種)が実施されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 


※大阪狭山市で予約済みの人が、国(自衛隊)や大阪府の接種会場で予約または接種済みの場合は、必ず、大阪狭山市での予約を取り消してください。二重予約は、準備されたワクチンが無駄になります。市民のみなさまのご協力をお願いします。

 

 

 

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)の概要

追加接種の目的

日本で接種が進められているワクチンは、高い発症予防効果等がある一方、感染予防効果や、高齢者においては重症化予防効果についても、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。このため、感染拡大防止及び重症化予防の観点から、初回(1回目・2回目)接種を完了したすべての人に対して、追加接種の機会を提供することが望ましいとされています。
また、3回目接種を行わなかった場合と比較して、感染予防効果や重症化予防効果等を高める効果があります。

ワクチンの供給について

国が確保したワクチンは、大阪府をとおして、府内の市町村に配分されます。

対象者と接種順位

2回目接種から5か月を経過した12歳以上の人で、1,2回目の接種と違い年齢や基礎疾患などによる優先順位はありません。
※ただし、国の方針により変更となる場合があります。

「ワクチンを受けられない人」とは

一般に、以下の方は、ワクチンを受けることができません。ご自身が当てはまると思われる人は、ワクチンを受けて良いか、かかりつけ医にご相談ください。

・明らかに発熱している人(※1)
・重い急性疾患にかかっている人
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(※2)の既往歴のある人
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある人

(※1)明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(※2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

費用

無料

接種回数

1回

接種までの流れ

1.接種券の送付

接種が可能(2回目接種完了から5か月以上)となる日の約2週間前までに順次発送します。

2.予約受付の開始時期

接種券が届いた時点から予約できます。

3.予診票の記入

ワクチン接種には事前に予診票の記入が必要です。基礎疾患を有する人等に該当される人は、事前にかかりつけ医と相談のうえ記入してください。

また、新型コロナワクチン予防接種についての予診票・説明書【追加接種(3回目接種)用】も事前に厚生労働省ホームページで確認してください。

4.接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行います。

 予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスク双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けてください。

 病気で治療中の場合や、体調や接種に不安がある場合は、かかりつけ医などにあらかじめ相談したり、コールセンターを活用し、接種についてお考えください。

厚生労働省コールセンター : 0120-761-770 (午前9時から午後9時 土、日、祝日も受付)
 

5.ワクチン接種の予約

ワクチンの接種会場を市ホームページなどで確認し、電話やインターネットで接種の予約をします。

 

6.接種を受ける

下記の持ち物を持って、予約日時に肩の出しやすい服装で会場へお越しください。

●接種券・・・無い場合は接種できません

●予診票・・・自宅で記入してからお持ちください

●本人確認書類・・・運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証(住所の記載したもの)など

●医療機関の診察券(個別接種の場合)

○お持ちの方は、お薬手帳もご持参ください。

 

予防接種による健康被害救済に関する相談

予防接種は感染症予防に重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。万が一健康被害が発生した場合に、治療に要した医療費(自己負担分)と医療に要した諸費用などの救済給付を行うための予防接種健康被害救済制度があります。

問い合わせ先

大阪狭山市健康福祉部健康推進グループ(保健センター)

(電話番号)072-367-1300

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 魅力がいっぱい おいでよ。
予防接種