新型コロナワクチン「接種証明書(ワクチンパスポート)」について

対象 

次の要件をすべて満たす人

1.新型コロナワクチン接種を2回接種済みの人


2.接種証明書を提示することで防疫措置の緩和などが認められる国や地域(外務省海外安全ホームページで確認してください)に渡航予定がある人
※海外渡航予定がない人は現時点では申請できません。なお、国内においては、接種済証または接種記録書をもって、ワクチンを接種済みであることを示すことができます。

接種証明書(ワクチンパスポート)説明書 (PDF:373.2KB) ←ここをクリック

必要書類

1.申請書

交付申請書 (EXCEL:21.2KB) ←ここをクリック

交付申請書 (PDF:338.7KB)    ←ここをクリック


2.返信用封筒(84円切手を貼付し、住民票のある自宅あての住所を記載したもの)


3.パスポート(旅券)の写し
※有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。また、渡航前に旅券の更新予定があれば、更新した旅券を提出してください。(更新の際に旅券番号が変更となるため、更新前の旅券で接種証明書を発行した場合、更新後に再度接種証明書の発行を申請する必要があります)

パスポート(旅券)
 

4.接種券・接種済証の写し

一般の人→接種済証(接種券)の写し

医療従事者など→接種記録書の写し・接種券の写し

接種済証

接種記録証イメージ


5.本人確認書類の写し(住民票上の住所の記載されたもの、運転免許証、健康保険証など)
ただし、接種済証を紛失した場合は、マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカードの写しやマイナンバーが記載された住民票の写しなど)

【場合によって必要な書類】
6.パスポートに旧姓・別姓・別名の記載がある場合は、それらが確認できる本人の確認書類の写し(旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など)の写し

7.代理人が申請する場合は、「委任状(自筆)」 (PDF:233.1KB)または「法定代理人の資格を証する書類(写し)」
8.代理人の本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険証など)

申請方法

必要書類と返信用封筒(84円切手を貼付し、住民票のある自宅あての住所を記載したもの)を同封し、郵送(〒589-0032大阪狭山市岩室1-97-3大阪狭山市保健センター接種証明書係あて)により申請
※窓口による申請は受け付けませんのでご了承ください。

記載内容

接種証明書には、接種者に関する事項(氏名、生年月日など)や新型コロナワクチンの接種記録(ワクチンの種類、接種年月日など)に加え、海外渡航時に利用できるよう旅券番号などを記載しています。

交付方法

必要書類を審査し、接種の事実などを確認のうえ、後日、返信用封筒により郵送にて交付します。

発行手数料 

無料(ただし、郵送代は本人負担となります)

注意事項

●ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
●接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
●接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、外務省海外安全ホームページにおいて確認してください。 
●現時点では、接種証明書を持っていることによって、日本への入国時の防疫措置が緩和されることはありません。 ●日本の入国時の防疫措置については、厚生労働省ホームページ「水際対策に係る新たな措置について」で確認してください。

問い合わせ

制度全般 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
(フリーダイヤル)0120-761-770 受付時間午前9時~午後9時(平日・土日祝日)
申請方法など 大阪狭山市新型コロナワクチンコールセンター
(フリーダイヤル)0120-795-666 受付時間午前9時~午後5時30分(平日のみ)

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。