麻しん風しん(MR)混合ワクチンの接種を受けましょう!

 麻しん(はしか)は極めて感染力が強く、学校などで発症すれば、同じ空間にいた抗体のない人は感染する可能性が高い病気です。

肺炎、中耳炎、喉頭炎(クループ)を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎を発症すると言われています。

ごくまれに罹患から数年後に発症する亜急性硬化性全脳炎(SSPE)といわれる致死的な脳炎の原因となることがあります。

 

麻しん(はしか)は有効な治療薬はなく、ワクチン接種での予防が大切です。

麻しん(はしか)は春から初夏にかけて流行します。

大学入学時や実習などの際に、麻しんの予防接種の記録の提出を求められることがあります。

通常、海外留学などの際には、麻しんの予防接種記録の提出が求められます。

冬季はインフルエンザの流行があり、また例年2月から3月は接種希望者で混み合います。

 

対象時期になったら、できるだけ早い時期に受けましょう。

費用

無料(実施期間を過ぎると有料になります。参考:MRワクチンは1万円前後)

対象年齢

1期 :1歳から2歳未満


2期 :小学校就学の前年度(5歳から7歳未満)
   平成29年度は平成23年4月2日から平成24年4月1日生まれ

   (実施期間は平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)

   

 

 

 

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ