新型コロナウイルス感染症による自宅療養や、もしもの場合に備えて

新型コロナウイルス感染症と診断され、自宅療養されている方が、安心して療養していただくために、大阪府自宅療養者支援サイトにおいて必要な情報や支援内容をまとめ、掲載されています。

陽性者フロー図

◆ 自宅待機者等24時間緊急サポートセンター(自宅待機SOS)について

以下の場合は、自宅待機SOSへ連絡を!

・陽性が判明しているが、保健所から連絡がない、連絡が取れない場合

・自宅療養中に医師の診察を受けたいので、医療機関を紹介してほしい場合

・自宅療養中だが、宿泊施設での療養を希望される場合

※陽性が判明しているが保健所から連絡がない、連絡がとれない場合でも宿泊療養の手続きができます。

自宅待機SOS

※1 上記以外の相談は直接、保健所か、もしくは受診相談センターにご連絡ください

詳しくはこちら⇒新型コロナウイルス感染症の発生に伴う電話相談窓口について
※2 通話料がかかります。上記などの対応が必要な方のための連絡先です。

※3  受電専用となります。折り返しの電話はできませんのでご注意ください。

※4 聴覚障がいをお持ちの方からのご相談をお受けするため、FAXでの相談を受付けております。

《自宅待機SOSの連絡先》
電話番号:0570-055221(全日24時間受付)
《聴覚障がいをお持ちの人からのFAXによる相談受付》
FAX 06-4560-9037

FAXでご相談いただく際には、以下の様式をご活用ください。

■相談用紙 [Excelファイル/13KB] [PDFファイル/44KB]

■相談用紙 ※宿泊療養希望用 [Excelファイル/23KB] [PDFファイル/151KB]


 

大阪府自宅療養者支援サイト

 

自宅待機SOSチラシ

 

 

大阪府富田林保健所の新型コロナウイルス感染症についての情報はこちら

 

 

新型コロナウイルス感染による自宅療養など、もしもの場合に備えて

新型コロナウイルス感染症に感染した場合や濃厚接触の可能性がある場合、7~10日間程度、症状によってはそれ以上の期間自宅療養や自宅待機となります。保存の効く食料品や日用品を日頃から、家庭で備蓄しておくと安心です。

 

災害時にも役立つ「ローリングストック」で備蓄しましょう

家庭での日用品や食料品の備蓄方法は「ローリングストック」がおすすめです。ローリングストックとは、主食やおかず、飲料水や果物などを、長期保存の可能なレトルト食品や缶詰などで備蓄しておき、賞味期限が来る前に消費して、新たに買い足すことで家庭に一定以上の備蓄食料などを常に保管しておく方法です。

 

ローリングストック

 

 

大阪狭山市新型コロナウイルス感染症に係る自宅療養者・濃厚接触者への支援(食料品・日用品等)

市では、新型コロナウイルス感染症により自宅療養中の方や自宅待機となった方に、食料品(備蓄食、飲料水など)や生活用品(トイレットペーパーなど)、衛生用品(マスクや手指消毒用アルコール)などの提供を行っています。

対象者

新型コロナウイルス感染症による自宅療養中の人または濃厚接触による自宅待機中の人で以下に当てはまらない人

○自宅療養中の人で、大阪府で実施している自宅療養配食サービスを利用できる人。(生活用品、衛生用品のみ希望があれば提供できます)

○親族などから食料品を届けてもらうなど支援を受けることができる人

○ネット等での置き配などをご利用できる人

支援内容

・食料品(カップ麺やレトルト食品など備蓄食) 

 原則お一人あたり1日1食分を7日分

・生活用品(トイレットペーパーやティッシュペーパーなど)

・衛生用品(マスク、手指消毒用アルコールなど)

お問合せ

 保健センター072-367-1300

 

 

 

 

 

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。