マイナンバーカードの健康保険証利用について

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

令和3(2021)年3月(予定)から、マイナンバーカードが健康保険証として順次利用できるようになります(健康保険証は今までどおり使えます)。

スケジュール

現在
・マイナポータルで利用申込受付中。
令和3年3月(予定)から
・医療機関・薬局などで、順次マイナンバーカードの健康保険証利用が可能に
・マイナポータルで、順次特定健診情報の閲覧が可能に
令和3年10月(予定)から
・マイナポータルで、薬剤情報・医療費情報の閲覧が可能に
2021年分所得税の確定申告(予定)から
・確定申告における医療費控除の手続きで、マイナポータルを通じて医療費情報を自動入力することが可能に

利用申込

マイナポータルから申し込みができます。
詳細はこちらをご覧ください。

スマートフォンの場合(対応機種 Google Playで「マイナポータルAP」をインストール
App Storeで「マイナポータルAP」をインストール
パソコンの場合(対応するICカードリーダーライター マイナポータルAPをインストール

※動作環境についてはこちら

用意するもの

1 マイナンバーカード

2 マイナンバーカード交付時(申請時)に設定した利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)

申込手順動画

・スマートフォン編

・PC編

よくあるご質問

Q:マイナンバーカードを持参すれば、健康保険証がなくても医療機関等で受診できますか

A:オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局では、
      マイナンバーカードを持参すれば健康保険証がなくても受診できます。
      オンライン資格確認が導入されていない医療機関・薬局では、引き続き健康保険証が必要です。

     ※保険医療機関等の利用環境整備は、令和3年3月末で6割程度導入、 
         令和5年3月末でおおむね全ての保険医療機関等での導入を目指すとされています。

Q:令和3年3月からは、健康保険証は使えなくなりますか。

A:従来どおり健康保険証でも受診できます。

Q:健康保険が変わった場合は何か手続きが必要ですか。

A:従来通り健康保険の異動届等の手続きは必要ですが、マイナンバーカードであれば、
      異動届等の手続きが完了次第、新しい保険証の発行を待たずに受診することができます。

 

その他の質問についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
健康福祉部保険年金グループ