退職者医療制度

 退職者医療制度の適用者は、下記の条件に該当する人です。
 ただし、制度の適用を受けるのは65歳の誕生月(1日生まれの人は誕生月の前月)までです。その翌月からは一般の国民健康保険の加入者になります。
 この場合、被保険者証の種類が退職者用から一般用に変わりますので、65歳の誕生月(1日生まれの人は誕生月の前月)の月末までに、翌月からの被保険者証を送付します。

 

対象者

次のすべてに該当する人が対象です。また、退職者医療制度の資格は、年金の受給権が発生した日以降です。

退職者本人

  • 国民健康保険に加入している人
  • 厚生年金保険や共済組合などの老齢(退職)年金を受給している人(受給権が発生している人)で、その加入期間が20年以上か、または40歳以降の加入期間が10年以上の人

被扶養者

  • 国民健康保険に加入している人
  • 退職者本人と同一世帯に属し、生計が同一であり、年間見込収入額が130万円未満
    (60歳以上の人は180万円未満) かつ、退職者本人の年間収入の半分をこえない人

 

こんな場合は届出を

退職者医療制度の被扶養者の人で、収入額が上記の基準以下の場合は、届出が必要です。

 

お問い合わせ
健康福祉部保険年金グループ