70歳~74歳の医療費自己負担割合の特例軽減措置が変更されます

 70歳から74歳までの高齢者が保険医療機関などで支払う医療費の自己負担割合は、法律上は2割となっていますが、これまで特例措置により1割負担となっていました。より公平な仕組みとするため、平成26年度からこの特例措置が次のように見直されます。見直しは、高齢者の生活に大きな影響が生じることのないよう、平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える人から段階的に実施されます。
 

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える人(誕生日が昭和19年4月2日以降の人)

 70歳の誕生月の翌月(ただし、各月1日が誕生日の人はその月)の診療から、医療費の自己負担割合が2割になります。ただし、一定の所得がある人は、これまでどおり3割負担です。
 

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた人(誕生日が昭和19年4月1日までの人)

 平成26年4月以降も、医療費の自己負担割合は1割のまま変わりません。ただし、一定の所得がある人は、これまでどおり3割負担です。
 

お問い合わせ
健康福祉部保険年金グループ