新しい生活様式における熱中症予防行動を

熱中症予防行動

新型コロナウイルス感染予防に伴い、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや「3密(密集、密接、密閉)」を避けるなど、「新しい生活様式」が求められており、それを踏まえた、熱中症予防行動が重要です。

「私だけは大丈夫!」と思っていませんか?

熱中症は、気温が高い屋外だけで発症すると思われがちですが、曇りの日や室内、夜間寝ているときや部屋の中でも発症します。この季節は、救急車で搬送される方も急増するため、24時間注意しておくことが必要です。
 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

「新しい生活様式」を実践されるにあたり、次のような熱中症予防行動をとりましょう!

暑さを避ける工夫をしましょう

・エアコンを利用するなど、部屋の温度を調整しましょう
・感染症予防のため、換気扇や窓開放により換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう
・暑い日や日中暑い時間帯は無理をしないようにしましょう
・涼しい服装を選びましょう
・急に暑くなった日等は特に注意しましょう

適宜マスクをはずしましょう

・気温、湿度が高い中でのマスク着用は要注意です
・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう
・マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとりましょう

こまめに水分・塩分を補給をしましょう

・のどが渇く前に水分補給しましょう
・1日あたり1~2リットルを目安に水分をとりましょう
・大量に汗をかいた時は塩分補給を忘れないようにしましょう

日頃から健康管理をしましょう

・日頃から体温測定、健康チェックをしましょう
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう

暑さに備えた体作りをしましょう

・暑くなり始めの時期から適度に運動を行いましょう
・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で行いましょう
・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度が目安です

熱中症予防(大阪府)

大阪府のホームページでは、熱中症予防行動につながるさまざまな情報「現在の暑さ指数」や「熱中症かな?と思ったら」などが掲載されています。

リンク先のホームページをご覧ください。

大阪府ホームページ「こわいんやで熱中症!」

災害発生時における熱中症対策について

近年、夏に多くの災害が発生しているところですが、気温や湿度が高い日には、生活環境、作業内容、体調などの状況次第で、被災住民やボランティアなどの方々が、熱中症にかかる危険性が高まるため、十分に対策を行うことが重要です。

さらに停電などにより、冷房器具が使用できない状況においては、さらに注意が必要です。

災害時における熱中症予防について

~避難生活・片付け作業時での注意点~

熱中症を予防するために

1 暑さを避けましょう

涼しい服装、日傘や帽子、また在宅避難等の場合はクーラーの積極的な活用を。

停電が長引く可能性がある場合は、特に高齢者、子ども、障がい者の方々は、冷房設備が稼働している避難所への避難も検討しましょう。

2 のどが渇いていなくてもこまめに水分をとりましょう

3 暑さに関する情報を確認しましょう

身の回りの気温・湿度・暑さ指数(WBGT※)の確認を。

また「熱中症警戒アラート」も活用を。

※「暑さ指数(WBGT)」気温・湿度・輻射(ふくしゃ)熱からなる熱中症の危険性を示す指標

4 屋外で人と2m以上離れているときはマスクをはずしましょう

暑熱環境でのマスク着用は熱中症のリスクを高めます。

新型コロナウイルス感染症予防と熱中症予防を両立させましょう。

 

避難生活における注意点

○ 被災や避難生活に伴う疲労・体調不良・栄養不足等により熱中症のリスクが高くなる可能性があります。避難生活では普段以上に体調管理に心がけましょう。

○ 高齢者、子ども、障がい者の方々は特に注意しましょう。

※やむを得ず車中泊をする場合は、車の日陰や風通しの良い場所に駐車しましょう。車用の断熱シートなども活用しましょう。 また、乳幼児などを車の中で一人にさせないようにしましょう。 夜間など寝るときは、エンジンをつけたままにすることは避けましょう。

片付けなどの作業時の注意点

○ 作業開始前には、必ず体調を確認し、体調が悪い場合は作業を行わないようにしましょう。

○ できるだけ2人以上で作業を行い、作業中はお互いの体調を確認するようにしましょう。

○ 休憩・水分補給は、一定時間ごとにとるようにしましょう。また、休憩時には、日陰などの涼しい場所を確保しましょう。

○ 暑い時間帯の作業を避けましょう。

○ 汗をかいた時は、塩分の補給をしましょう。

 

 

 

災害時熱中症予防1

災害時の熱中症予防(PDF:860.9KB)

熱中症警戒アラートを活用しましょう

発表時の予防行動

熱中症警戒アラートは、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごと(※)に発表されます。

発表されている日には、外出を控える、エアコンを使用するなどの熱中症の予防行動を積極的にとりましょう。

※北海道、鹿児島県、沖縄県は府県予報区単位

外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう

○熱中症を予防するためには暑さを避けることが最も重要です。

○昼夜を問わず、エアコンなどを使用して部屋の温度を調整しましょう。

○不要不急の外出はできるだけ避けましょう。

熱中症のリスクが高い方は声かけをしましょう

○高齢者、子ども、持病のある方、肥満の方、障がい者などは、熱中症のリスクが高い方には、身近な方から、夜間を含むエアコンの使用やこまめな水分補給等を行うよう、声をかけましょう。

熱中症警戒アラート(PDF:1.8MB)

環境省 熱中症予防情報サイト

お問い合わせ
危機管理室

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。