「新しい生活様式」における熱中症予防行動を

熱中症予防行動

 

今年の夏はこれまでと異なり、新型コロナウイルス感染予防に伴い、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや「3密(密集、密接、密閉)」を避けるなどの「新しい生活様式」が求められており、それを踏まえた、熱中症予防行動が重要です。

「私だけは大丈夫!」と思っていませんか?

熱中症は、気温が高い屋外だけで発症すると思われがちですが、曇りの日や室内、夜間寝ているときや部屋の中でも発症します。この季節は、救急車で搬送される方も急増するため、24時間注意しておくことが必要です。
 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

「新しい生活様式」を実践されるにあたり、次のような熱中症予防行動をとりましょう!

暑さを避ける工夫をしましょう

・エアコンを利用するなど、部屋の温度を調整しましょう
・感染症予防のため、換気扇や窓開放により換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう
・暑い日や日中暑い時間帯は無理をしないようにしましょう
・涼しい服装を選びましょう
・急に暑くなった日等は特に注意しましょう

適宜マスクをはずしましょう

・気温、湿度が高い中でのマスク着用は要注意です
・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう
・マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとりましょう

こまめに水分・塩分を補給をしましょう

・のどが渇く前に水分補給しましょう
・1日あたり1~2リットルを目安に水分をとりましょう
・大量に汗をかいた時は塩分補給を忘れないようにしましょう

日頃から健康管理をしましょう

・日頃から体温測定、健康チェックをしましょう
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう

暑さに備えた体作りをしましょう

・暑くなり始めの時期から適度に運動を行いましょう
・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で行いましょう
・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度が目安です

熱中症予防(大阪府)

大阪府のホームページでは、熱中症予防行動につながるさまざまな情報「現在の暑さ指数」や「熱中症かな?と思ったら」などが掲載されています。

リンク先のホームページをご覧ください。

大阪府ホームページ「こわいんやで熱中症!」

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における熱中症予防

また災害時に役立つ熱中症対策を、毎月市広報誌に掲載しております「月一防災」にて掲載しております。 合わせてご確認ください。

【第3回】災害時に役立つ熱中症対策(平成30年8月号広報掲載)

次の行動目標を実践して、社会活動、地域活動を再開しましょう

大阪狭山市では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止し、市民の皆さまの命を守るための5つの行動目標を定めました。併せて、感染拡大を予防する「新しい生活様式」を実践しましょう。

新型コロナウイルスへの対応についての行動目標

1 外出するときはマスクを着用する

2 人との距離(ソーシャルディスタンス)をしっかり確保する(できれば2メートル)

3 こまめに手洗いすることを習慣づける

また、感染拡大の防止と医療機関を守る視点から

4 発症した時のために、誰とどこで会ったかなど自分の行動をしっかりと記録しておく

5 発熱等があるときは、事前に電話をしてから、病院に行くようにする

 

この5つの行動目標を定めることで、新型コロナウイルスとの長丁場の戦いに備え、今後も一丸となって感染拡大予防の取り組みを進めます

 

大阪狭山市が感染症対策の5つの行動目標を定めました

 

感染拡大を予防する「新しい生活様式」

大阪モデルについて(大阪府独自基準)

「大阪モデル」とは、新型コロナウイルスの感染拡大状況を判断するため、大阪府が独自に指標を設定し、日々モニタリング・見える化を図り、各指標において、「感染拡大の兆候」と「感染の収束状況」を判断するための基準を設定し、各基準の状況に応じて府民に周知するものです。

5月5日に「大阪モデル」が示され、5月8日から暫定運用が開始しました。

※7月3日に、「大阪モデル」の考え方が修正されました。

「大阪モデル」モニタリング指標確認ページ(大阪府ホームページ)

市役所本庁舎のライトアップについて

【警戒(黄色)】大阪モデルの信号が点灯しています

(参考情報)モニタリング指標と基準、信号の点灯・消灯基準における大阪府の考え方

(1)感染拡大時におけるクラスター対策・可変的な病床確保等の取組みの充実や「新しい生活様式」の府民への定着を踏まえ、大阪モデルの「注意喚起(黄色)」の点灯基準を現行より引き上げ、「警戒(黄色)」とする。

(2)「非常事態(赤色)」の指標を新たに設定し、想定病床を上回る感染拡大の恐れが生じていることを府民に周知する。

(3)感染発生状況については、各指標を日々モニタリング・見える化し、「警戒(黄色)」の発動の有無にかかわらず、発生状況に応じて病床確保などの取組みを迅速にすすめる。

(4)「警戒(黄色)」が点灯しない場合でも、感染発生状況に応じて、府民への注意喚起を行う。

(5)非常事態等の解除においては、感染収束が見られることから、一定期間「解除(緑色)」を点灯させた後、消灯させる。

信号の点灯・消灯基準

それぞれのモニタリング指標を全て満たした場合

(1)警戒の基準 ⇒ 黄色点灯

(2)非常事態の基準 ⇒ 赤色点灯

(3)警戒・非常事態解除の基準 ⇒ 緑色点灯(ただし、一定期間経過後消灯)

 

 

分析事項 モニタリング指標 警戒の基準 非常事態の基準 警戒・非常事態解除の基準
1.市中での感染拡大状況

(1)新規陽性者における感染経路不明者7日間移動平均前週増加比

(2)新規陽性者における感染経路不明者数7日間移動平均

(1)2以上 かつ

(2)10人以上

(2)10人未満
【参考1】新規陽性者における感染経路不明者の割合
2.新規陽性患者の拡大状況  (3)7日間合計新規陽性者数 120人以上かつ後半3日間で半数以上
 (4)直近1週間の人口10万人あたり新規陽性者数 0.5人未満

【参考2】確定診断検査における陽性率の
7日間移動平均

3.病床のひっ迫状況  (5)患者受入重症病床使用率 70%以上(「警戒(黄色)」信号が点灯した日から起算して25日以内) 60%未満
【参考3】患者受入軽症中等症病床使用率
【参考4】患者受入宿泊療養施設部屋数使用率

(その他考慮される事項)

○ 警戒基準引き上げにより、緩やかな感染拡大の兆候に対しては、早期の探知が機能しないことから、都道府県による社会への協力要請を行うべき国が示した基準日の条件(直近1週間の人口10万人あたり新規陽性者数2.5人)を満たした場合には、指標の(1)、(2)に基づく感染経路不明者の増加傾向および新規陽性患者の日々の増加傾向を踏まえて、大阪府での専門家会議の構成員等の意見を聴取し、大阪府新型コロナウイルス対策本部会議で「警戒(黄色)」信号点灯の要否を決定するものとする。

○ 国による緊急事態宣言が出された場合、大阪府新型コロナウイルス対策本部会議で「非常事態(赤色)」信号点灯の要否を決定するものとする。

 

 

3密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けましょう

1換気の悪い密閉空間 2多数が集まる密集場所 3間近で会話や発声をする密接場所を避けましょう

お問い合わせ
防災・防犯推進室