災害用備蓄物資について

大阪府と大阪府内市町村は、平成27年5月に大阪府域救援物資対策協議会を設置し、平成27年12月に南海トラフ巨大地震をはじめとした大規模災害時に必要な備蓄物資の品目や量を定めた今後の備蓄方針を公表しました。

大阪府/災害用備蓄物資について

本市においても、この備蓄方針に基づき、大規模災害などにより市民が避難所への避難を余議なくされることになった場合に備え、食料や生活関連品等を下表のとおり備蓄しています。

 

品目(単位) 合計 さやか公園防災備蓄倉庫 東大池防災備蓄倉庫 各避難所分散備蓄倉庫 福祉避難所・水防倉庫等
食料(食) 9,500 1,700 7,800 - -
高齢者食(食) 500 100 400 - -
毛布(枚) 4,836 777 2,130 1,600

329

育児用調整粉乳(人分) 55 55 - - -
哺乳瓶(本) 55 55 - - -

乳児・小児用おむつ(枚)

576 576 - - -
大人用おむつ(枚) 104 104 - - -
簡易トイレ(個) 2,440 1,940 - 400 100

マンホールトイレ(基)

- - - 70 -
生理用品(枚) 624 624 - - -

トイレットペーパー(個)

2,072 1,400 - 672 -
マスク(枚) 129,050 3,300 125,550 - 200

   (令和3年3月現在)

家庭での備蓄(市民の皆様へ)

地震等の大規模災害が発生した時には、食料や飲料、生活関連品等の供給の減少が予想されるほか、商品によっては、需要が一時的に集中し、品薄状態や売り切れ状態になる恐れがあります。

こうした事態に備えるため、日頃から、ご家庭でも1週間程度の備蓄を心掛けてください。

1週間程度の食料や飲料を確保するには、保存食・保存水を備蓄しておくことも、もちろん大切なことではありますが、普段食べているものを多めに買い置きし、期限が切れる前に食べ、不足分を新たに補充するローリングストック法が有効です。

そのほか、具体的な備蓄方法は、農林水産省のホームページなどを参考にしてください。

農林水産省/緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド

 

お問い合わせ
危機管理室