災害時の新型コロナウイルス感染症への対応について

本市における新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害対応について

 近年頻発している地震、風水害などの災害により、避難所に避難しなければならない状況がいつ起こるかわかりません。

 新型コロナウイルス感染症が終息しない状況のもとで、災害が発生した場合における本市の災害対応についてお知らせします。

表紙

課題点1

基本方針

具体的な対策2

具体的な対策2

具体的な対策3

大阪狭山市新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害対応について(PDF:1.3MB)

感染症の不安のある中災害の危険を感じたら

避難行動判定フロー

※本PDFデータにつきまして、皆さまの防災活動等にご活用ください。

併せて、避難場所などを、防災マップを活用して確認しましょう。

新型コロナウイルス感染症の不安のあるなかで災害の危険を感じたら(PDF:369.5KB)

避難行動判定フロー(PDF:200KB)

避難場所一覧

大阪狭山市防災マップを発行しました

避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について

 新型コロナウイルスの感染が懸念される状況下で災害が発生した場合、避難所を開設するにあたり、感染症対策に万全を期すことが重要となっています。

 災害の種類によっては、断水などで手指をこまめに洗うことが難しい状況であったり、避難所内において密集した環境での避難生活などにより、ノロウイルス等による感染性胃腸炎や、インフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染が拡大するリスクが高まります。

 新型コロナウイルスが収束する前に、地震、風水害が起きたらどうなるのか、事前に家族などで話し合い、一人ひとりが必要なものを備えるなど、災害時の避難所での感染のリスクを下げるための対応を考えておきましょう。

 

○「避難」とは、「難」を「避」けることであり、自宅で安全確保できる場合は、少なからず感染リスクがある避難所へ行く必要はありません。

○災害により自宅に住むことができなくなった方など、避難所に行かなければならない方(避難所への避難が必要な方)を、適切に受け入れできるようご協力ください。

○自宅が危険な状態で住むことができない場合でも、安全な知人宅や親せき宅に避難できる場合は、可能な限り検討してください。

 

 

新型コロナウイルス感染症拡大の中、災害の危険がせまったら

迷わず避難を!

※避難所では、受付時に体温測定や健康管理チェックリスト・避難者名簿の記入のご協力をお願いします。

 

避難の4つのポイント

1.密を避けるために、知人宅・親せき宅や在宅避難を検討しましょう

2.避難時には、体温計、マスク、アルコール消毒液(ウエットティッシュなど)を持って避難しましょう

3.避難所内での感染防止の3つの基本

  《(1)身体的距離の確保 (2)マスクの着用 (3)手洗い》

4.避難所内で体調が悪くなったらすぐに伝えましょう

  (マスクを着用することで、水分補給不足などによる熱中症に気をつけましょう)

 

避難するときにすぐに持ち出しできるよう準備しておきましょう

非常持ち出し袋を準備して、避難するときにすぐ持ち出せるようにし、定期的に中身を確認するようにしましょう。

(参考)個人の状況に合わせて必要なものを準備しましょう

○携帯電話、充電器、バッテリー ○飲料水 ○非常食 ○懐中電灯 ○雨具、防寒具 ○タオル、下着 ○貴重品(現金など) ○普段から飲んでいる薬、お薬手帳 など

※感染防止のために必要なもの ○体温計 ○マスク ○消毒液

※熱中症予防のために必要なもの ○経口補水液 ○塩あめ ○冷感スカーフ

 

 

避難所での感染を防ぐために

避難所で新型コロナウイルス感染症の感染リスクを下げるためにできること

※以下の内容は一部の例です

【共通】

○マスクは常時着用しましょう

○こまめな手洗い、できない場合は、手指アルコール消毒をしましょう

○使用したマスク、使い捨て手袋、飛沫を防止するための服などを脱ぐ場合は、特に注意しましょう。(外側は汚染されているかもしれないので触れないようにする。)

○使用したマスクなどを収納する袋を設置し、開放したままにせず密閉しましょう

 

【避難者】

○できるだけ、生活に必要なものや感染予防のためのマスクなど持参しましょう

○体調がすぐれない場合は、すぐに症状を伝えるようにしましょう

○一旦避難所に避難してからも、可能な場合は親せきや友人の家などへの避難を検討しましょう

○市から避難情報が発令されたり、風水害による被害が予想される場合は、感染を恐れて避難行動を躊躇することのないようにしましょう

 

【避難所運営者】

○避難者および避難所運営者の定期的な検温、体調管理を行いましょう

○不特定多数の方が触れる場所での作業の場合は、使い捨て手袋を着用しましょう

○避難者が触る部分(トイレ、出入り口、ドアノブなど)を重点的に清掃と定期的な消毒を行いましょう

○感染している疑いがある避難者と、他の避難者と接触の機会を無くすようしながら、場所を離すことによる差別的な態度に転化しないようにしましょう

○3密(密閉、密集、密接)を防ぐため、本来は開放しない部屋を含め、避難者の状況に応じて誘導する優先順位をあらかじめ決めておきましょう

○換気は最低でも「2時間ごとに10分間」などルールを決めておきましょう

○もし感染者が発生した場合に追跡できるよう避難者名簿に滞在区画などを記録しておきましょう

○さまざまな避難方法(在宅避難、車中泊、テント泊など)への対応について、情報や支援の届け方を決めておきましょう

 

 

 

お問い合わせ
防災・防犯推進室

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。