ねたきりや認知症の高齢者も障がい者控除がうけられます

障がい者控除対象者認定について

 身体障がい者手帳や療育手帳の交付を受けていない方でも、その程度が身体障がい者手帳などの交付基準に準ずるものとして市区町村長の認定を受けている場合は障害者控除の対象となります。この控除は本人の身体状況などで判断し、申請により認められた場合は、確定申告時に必要となる「障がい者控除対象者認定書」を発行します。

対象者

大阪狭山市に在住の65歳以上方で、ねたきりや認知症の方

 

認定基準

障害者控除対象者認定基準(PDF:5.2KB)

  •  認定基準日

 所得税申告の対象となる年の12月31日(基準日)での判定となります。ただし、対象の方が年の途中で死亡された場合または出国している場合は、その死亡日または出国した日を基準とします。

 

申請に必要なもの

障害者控除対象者認定申請書(PDF:11.8KB)

必要事項を記入し、申請者氏名の欄に押印をしてください。

申請者は対象者本人または対象者の親族などに限ります。身分証明書を持参してください。

 

申請場所

本市高齢介護グループで受け付けています。

認定書は、後日郵送で交付します。

 

問い合わせ

保健福祉部 高齢介護グループ

電話 072-366-0011

お問い合わせ
健康福祉部高齢介護グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。