妊産婦健康診査

妊婦健康診査

妊婦健康診査は妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康を守り、安心して出産を迎える上でとても大切です。定期的に必ず受診しましょう。

交付方法

・母子健康手帳と一緒に、妊婦・乳児一般健康診査券(兼結果通知票)をお渡しします。

・転入してこられた方は保健センターへお越しください。

受診方法

母子健康手帳交付時にお渡しした妊婦・乳児一般健康診査受診券(兼結果通知票)を健診時に医療機関および助産所に提出してください。受診券に明示された金額までの公費負担を受けることができます。受診票に明示された金額を上回る金額については自己負担となります。また、おつりを受け取ることはできません。

多胎妊婦に対する妊婦健康診査受診券の追加交付を行います

大阪狭山市では、妊婦健診の回数が多くなる場合がある多胎妊婦が安心して妊婦健診を受診できるよう、妊婦一人あたり14枚交付している妊婦健診の受診券について、多胎の場合はさらに5枚追加して交付します。

 受診券の使用方法は、今までの妊婦健康診査と同様です。

対象者:大阪狭山市の住民基本台帳に記載されている多胎の妊婦で、出産予定日が平成30年4月1日以降の人

受診券の交付:妊娠届出時に母子健康手帳とあわせて受診券を交付します。※平成30年3月31日までに多胎での妊娠届出をした人は、(出産予定日により)個別に郵送します。保健センターから郵送や連絡がない場合は、保健センターまでご連絡ください。

産婦健康診査を始めました

大阪狭山市では、出産後間もない時期のお母さんのからだとこころの健康状態を確認するため、産後2週間と産後1か月の産婦健康診査を公費により実施します。

 産後は心身ともに体調をくずしやすい時期です。ぜひ受診しましょう。

対象者:大阪狭山市の住民基本台帳に記載されている産婦(平成30年4月1日以降に出産した人に限る)※市外へ転出した場合は、受診できません。

受診時期:産後2週間と産後1か月ごろ(各1回)※受診券の有効期限は、産後8週以内です。

受診方法:産婦健康診査受診券(兼結果通知票)を大阪府内の産婦人科または助産所に提出のうえ、受診してください。※大阪府外の医療機関等で受診した場合は、自己負担となりますが、後日返金の制度がありますので、事前に保健センターへ問い合わせてください。また、一部の医療機関等では受診できないことがありますので、事前に医療機関に確認してください。

受診券の交付:妊娠届出時に母子健康手帳と合わせて受診券を交付します。※平成30年3月31日までに妊娠届出をした人は、出産予定日により個別に郵送します。

大阪府外で妊婦健康診査を受ける方へ

健診費用を助成します

 里帰り出産などの理由で大阪府外の医療機関および助産所で健診を受ける場合、健診費用を助成しますので、事前に保健センターへお問い合わせください。

手続きの方法

 希望者は申請書と請求書を下記よりプリントアウトして必要事項を記入し、医療機関で領収印の押印を受けた申請書と請求書、未使用の受診券を添付して、保健センターへ提出してください。(申請書と請求書は保健センターにもおいています)

※助成申請額、請求額の欄は保健センターで確認後、記入していただきますので、空欄のままお持ちください。

持ち物

  • 医療機関で領収印の押印を受けた申請書
  • 請求書 (日付は記入しないでください)
  • 未使用の受診券
  • 印鑑

助成金の受け取り方法

指定の口座に振り込みます。

ゆうちょ銀行を指定される場合は事前に郵便局で振込み用の口座番号を記入してもらってください。

申請期限

最後の受診日より1年以内

なるべく早く申請してください。

申請書と請求書

妊婦健康診査府外受診費申請書と請求書(PDF:94KB)

乳児健康診査府外受診費申請書と請求書(PDF:20.6KB)

妊婦・乳児健康診査受診費助成申請書と請求書 記入例(PDF:45.9KB)

請求書の日付は記入しないでください

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。