印鑑登録の新規申請について

印鑑登録の新規申請について

1.印鑑登録できる方

  • 大阪狭山市に住民基本台帳に記録がある15歳以上の方(成年被後見人の方を除く。)

2.登録できない印鑑

  • 既に他の方がその印鑑で登録しているもの
  • 住民基本台帳に記録のある氏名、氏、名、または氏名の一部を組みあわせたものを表していないもの
  • 職業や資格などの氏名以外の事項を表しているもの
  • ゴム印など変形しやすい材質のものや、損傷が激しく印影を鮮明に表しにくいもの
  • 印影の大きさが一辺の長さが8ミリメートルの正方形に収まるもの、または一辺の長さが25ミリメートルの正方形に収まらないもの
  • その他登録する印鑑として適当でないもの

詳しくは下記PDFファイル「印鑑登録のご案内」をご覧ください

印鑑登録のご案内(PDF:201.6KB)

3.印鑑登録申請の方法 

  • 印鑑登録の申請は、下記のいずれかの方法により申請をしてください。
  • 申請方法がわからない場合は下記PDFファイル「印鑑登録のご案内」、「印鑑登録申請・印鑑証明書交付申請に際してもご注意」をご覧ください。

印鑑登録のご案内(PDF:201.6KB)

印鑑登録申請・印鑑証明書交付申請に際してもご注意(PDF:505KB)

A.本人が申請(来庁)する場合

申請区分

官公署が発行した写真付きの免許証・許可証などがある場合(運転免許証、パスポートなど)

必要日数

即時

必要なもの

  • 次の本人確認書類のいずれか (有効期限内のもの)運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)、特別永住者書、在留カード、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書(本人の顔写真にプレスもしくは割印・特殊加工したものに限る。)
  • 登録する印鑑

届出窓口

  • 市民窓口グループ
  • ニュータウン連絡所

申請区分

本市に印鑑登録のある方(20歳未満の方、被保佐人の方を除く)が保証人となる場合
必要日数

即時

必要なもの

保証書(印鑑登録用)(登録してある印鑑の押印が必要です。)本市に印鑑登録をしている方が、今回新たに登録申請する方を本人に相違ないことを証明する書面(20歳未満の方、被保佐人の方を除く。)
保証人の印鑑登録証明書(保証書に押印している印鑑の印鑑登録証明書が必要です。)

登録する印鑑

届出窓口

  • 市民窓口グループ
  • ニュータウン連絡所

申請区分

上記のいずれにも該当しない場合

<この方法は申請後、本人の意思確認のために「照会書」を郵送しますので手続きに数日かかります。>(1)

必要日数

約2~3日(土、日、休日を除く)

必要なもの

申請をするとき

  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類

印鑑登録証(印鑑カード)をお渡しするとき(申請後2日から3日)

  • 登録する印鑑
  • 回答書(申請後に郵送される照会書の下段部分)
  • 申請人の方の本人確認書類

届出窓口

  • 市民窓口グループ
  • ニュータウン連絡所

保証書(印鑑登録用)[印鑑登録証(印鑑カード)の即日交付申請用]

B.代理人の方が申請(来庁)する場合

申請区分

代理人の方が申請する場合

<この方法は申請後、本人の意思確認のために「照会書」を郵送しますので手続きに数日かかります。>(1)

必要日数

約2~3日(土、日、休日を除く)

必要なもの

申請をするとき

  • 登録する印鑑
  • 代理権授与通知書(委任状)(申請者が自署し、登録する印鑑が押印しているもの)
  • 代理人の方の本人確認書類

印鑑登録証(印鑑カード)をお渡しするとき(申請後2日から3日)

  • 登録する印鑑
  • 回答書(申請後に郵送される照会書)
  • 申請人の方の本人確認書類(代理人の方が来庁する場合は代理人の方の本人確認書類も必要)

届出窓口

  • 市民窓口グループ
  • ニュータウン連絡所

代理権授与通知書(委任状)[様式]

(1)照会書送付時の注意事項

  • 照会書は、送付した日から1ケ月間を過ぎると、当該申請は無効となります。
  • 照会書は「転送不要扱い」の普通郵便で送付します。転送届をされている方は、その郵便物は届かず手続きできない場合もありますので、事前に郵便局にて転送届の解除が必要となります。
  • 速達を希望される方は、速達料金分の切手280円(現金は不可です。)をご用意ください。

3.印鑑登録証(印鑑カード)交付手数料

  • 1件300円

印鑑登録証の写真

4.印鑑登録証(印鑑カード)の交付

  • 印鑑登録申請の手続きが終わった方には、印鑑登録証(印鑑カード)をお渡しします。以降は印鑑登録証(印鑑カード)がないと印鑑登録証明書の交付を受けることができませんので、大切に保管してください。なお、印鑑登録証(印鑑カード)があれば、代理人の方でも印鑑登録証明書を請求することができます。(代理人授与通知書[委任状]は不要です。)

関連情報

1.おしらせ

  • 第1・3土曜日の午前中も窓口部門を開庁しています。
    大阪狭山市では、平日に窓口へ来庁することができない方の利便を図るため、第1・3土曜日(祝日を除く)の午前9時から正午までの間、窓口部門を中心に土曜開庁を実施しています。ただし、転校手続きや他の機関に確認が必要な場合など内容によっては受付できない手続きもありますので、あらかじめご了承ください。詳しくは下記リンク先、「土曜日の窓口サービスについて」をご覧ください

土曜日の窓口サービスについて(市民窓口グループ)

  • 印鑑登録に関する手続きは、ニュータウン連絡所でもできます。市立コミュニティセンター内にあるニュータウン連絡所でも、市役所と同じように印鑑登録に関する手続きや、印鑑登録証明書などの証明書を請求することができます。

2.関連ページへのリンク

印鑑登録証(印鑑カード)の再交付申請について

印鑑登録の廃止申請について

印鑑登録証明書の請求

保証書(印鑑登録用)[印鑑登録証(印鑑カード)の即日交付申請用]

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。