市税過誤納金の還付・充当について

市税の還付・充当について

市税を重複して納付された場合や、申告等により納付後に税額が減額となった場合には、納めすぎとなった市税を還付します。

ただし、納期限を過ぎても納めていただいていない市税が他にある場合は、地方税法第17条2の規定により、その市税に充当します。充当後も過誤納金に残額がある場合には、その金額を還付します。

還付の手続き

1 還付金の請求書が届きます

市税の過誤納金が発生したことが確認でき次第、「還付通知書」と「還付請求書」をお送りします。

2 請求書にご記入のうえ、返送してください

「還付請求書」に下記の必要事項をご記入・捺印のうえ、同封の返信用封筒でご返送ください。

  「振込先」欄 「請求者」欄
納税義務者が個人の場合 納税義務者本人の口座を記入してください。 納税義務者本人の署名・捺印をお願いします。
納税義務者が法人の場合 会社(事業所)名義の口座を記入してください。 会社(事業所)の署名・捺印をお願いします。
納税義務者が亡くなられている場合 相続人代表者の口座を記入してください。 相続人代表者の署名・捺印をお願いします。
(「相続人代表者○○」とお書きください。)

 

3 還付金が振り込まれます

ご返送いただいた「還付請求書」を受理してから2週間~1か月後に、ご指定の口座に還付金を振り込みます。

なお、振込日等の通知は行っておりませんので、通帳記帳等によるご確認をお願いします。

 

還付金の受取期限

原則として、「還付通知書」を発行した日から5年を経過すると、還付金を受け取ることができなくなります。「還付請求書」が届きましたら、お早めにご返送ください。

お問い合わせ
総務部税務グループ