市町村たばこ税

たばこ税とは

たばこ税は、たばこの売上げ本数に応じて納められる税金で、都道府県や市町村の貴重な財源のひとつになっています。みなさんがたばこを購入した場合、販売したお店・自動販売機が設置されている市町村に、税金が納められます。たばこを市内で購入していただくと、たばこ税が市の税収となります。

申告・納税

たばこ税は、たばこ製造業者等が、毎月の売渡分に係る税金を翌月末までに申告し、納めることになっています。

たばこの税率(市町村たばこ税)

 ・平成30年4月1日~平成30年9月30日

 1,000本あたり5,262円 

 (旧3級品たばこは4,000円)

 

・平成30年10月1日~平成32年9月30日

 1,000本あたり5,692円

 (旧3級品たばこは4,000円 

  ※旧3級品に係る特例税率の廃止により、平成31年10月1日から5,692円)

 

・平成32年10月1日~平成33年9月30日

 1,000本あたり6,122円

 

・平成33年10月1日~

 1,000本あたり6,552円

 

旧3級品とは、専売納付金制度下において3級品とされていた紙巻たばこで、エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット、バイオレット及びうるまの6銘柄。

 

お問い合わせ
総務部税務グループ