自治会・住宅会の活動

自治会・住宅会の活動

地区によって活動内容は違いますが、一般的には次のようなことです。

課題解決活動

防犯・防災・交通安全・非行防止など地域の様々な課題を解決します。

(事例)

防犯パトロールを一人ですると、散歩と見分けがつきません。そのため抑止力がないだけでなく、個人にかかる負担や危険までも付いてきます。
しかし、団体で行うと目立つため、抑止力が期待でき、危険も少なくなります。
当番制で実施することで、一人ひとりの負担を大きくせずに活動を継続することができます。
防犯の腕章や、自治会で統一したジャンパーなどを着用することも効果的です。

親睦活動

レクリエーションなどの行事を通じて地域の交流や親睦が図れます。

(事例)

隣近所の人とのかかわりをはじめ、同年代の子どもがいる家庭や同じ趣味がある人などと知り合いになることもあり、地域全体の話題づくりや地域のつながりを強くすることができます。

環境・施設維持活動

近所の清掃や集会所の維持などを通じて住環境を保てます。

(事例)

自治会で清掃日を決め、共同で使用する場所や道路を大勢で清掃をすると、その成果が目に見えて現れます。 また、集会所を運営することで、地域で起こる身近な問題を議題とする会議や子どもの集まりなどを気軽に開けます。

意見調整活動

地域の課題を個人ではなく、住民の意見として取りまとめて要望や苦情などの意思表示をすることができます。

(事例)

地域で営業している会社への騒音に対する改善要望などが、地域の意見として要望できます。

このような活動を通じて、自治会・住宅会は「いざというとき」の頼れる存在となります。

お問い合わせ
市民生活部市民協働推進グループ