地域における名簿などの作成について

 個人情報保護法と名簿などの作成について

~適正な管理を行えば、名簿は作れます~

 
 平成17年4月1日に施行された個人情報保護法は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることから個人情報の適正な取扱いに関し、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務などを定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的としています。また、平成29年5月30日に全面施行された改正個人情報保護法により、改正前は5,000人以下の個人情報を取り扱う事業者は法の対象外とされていましたが、改正後はすべての事業者(自治会や同窓会などの非営利組織も含まれます。)に法が適用されました。
 
 このように個人情報保護法は、「個人の権利利益を保護すること」を主目的としながらも、個人情報の利用によりもたらされる社会全体の利益、つまり「個人情報の有用性」に配慮することを求めています。
 
 しかしながら、個人情報保護法の施行後、このような法律の趣旨に対する誤解や、個人情報保護の意識の高まりにより、必要以上に個人情報の提供を控えてしまう「過剰反応」が起こってしまい、個人情報の有益な活用ができない状況が一部で見られます。具体的には、PTAや自治会名などの団体において必要な情報が得ることができず、各種名簿や連絡網などを作成できないといったことです。
 
 個人情報の保護はもちろん必要ですが、厳格で適正な管理下で個人情報を利用することにより、「個人の権利利益を保護すること」と「個人情報の有用性」のバランスを確保していくことが必要となってきます。そしてこのようなバランスを確保すれば、各種名簿や連絡網などの作成も可能です。
 
 個人情報保護に留意した名簿などの作成・配布方法について資料を作成しましたので、PTAや自治会など地域の団体で名簿などの作成を行う際は参考にしてください。

個人情報保護法に配慮した名簿などの作成について

作成の手引き(PDF:159.7KB)

名簿取扱規約見本

規約見本(PDF:8.7KB)

 個人情報保護法についての詳しいことに関しては、個人情報保護委員会のウェブサイトをご確認ください。

個人情報保護委員会トップページ

お問い合わせ
総務部法務・契約グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。