査証欄を増やしたいとき(査証欄増補申請)

査証欄増補申請について

1.査証欄増補申請とは?

・有効なパスポートの査証欄がスタンプ等で余白が少なくなった場合に査証欄を増やすことができます。

2.査証欄増補申請にあたって

・査証欄を増やすことができるのは1回のみです。

・増やすページ数は5年用、10年用、どちらも有効中につき1回限り40ページです。

・パスポートを新規申請するときに同時に増補申請をすることもできます。

・損傷したパスポートや査証欄の最終2ページに有効ビザがある場合は増補できないことがあります。

・代理人による増補申請書の提出も可能です。

・未成年者が申請する場合は増補申請書の「法定代理人署名」欄に親権者などの署名が必要です。

3.必要書類

1.一般旅券査証欄増補申請書 ・・・ 1通

・申請書は、市役所市民窓口グループ又はニュータウン連絡所に設置しています。

・専用の用紙(様式)で折り曲げ厳禁のため、インターネットでのダウンロードや郵送、FAXでの取り寄せはできません。

 

2.増補申請しようとする有効なパスポート

・このパスポートの提出がないと受け付けできませんのでご注意ください。 

3.本人確認書類

・増補申請しようとする有効なパスポート

・代理提出の場合は、代理人の本人確認書類(原本)も持参してください。

4.申請からパスポート交付までの所要日数など

区分 <査証欄増補申請>

所要日数(申請日を含めての日数) 6日

土曜日、日曜日、祝休日、年末年始は期間に含みません。

また、提出書類に不備等があった場合はさらに日数がかかります

・交付(受け取り)のできる窓口は申請をした市役所のみです。大阪府パスポートセンターや発給事務のある市町村に申請を行ったパスポートは大阪狭山市にて交付(受け取り)することができません。

・交付(受け取り)の際には申請時にお渡した旅券引換書、および手数料が必要になります。

・増補申請は代理人によるパスポートの受け取りが可能です。申請時にお渡しする旅券引換書の「代理受領のための委任状」に必ず所持人本人が必要事項を記入してください。お受け取りの際、代理人は委任状に記載ある旅券引換書、および代理人の本人確認書類が必要です。

・旅券引換書に記載されている交付予定日が来ましたらお早めに受け取りにご来庁ください。

5.手数料

査証欄増補申請 合計2,500円 (大阪府証紙500円、収入印紙2,000円)
 

○交付時には現金ではなく、上記の大阪府証紙と収入印紙で納付してください。
○大阪府証紙と収入印紙は市民窓口グループで販売しています。

○年齢はパスポート申請日における申請者の年齢です。
○年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。
○年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。
このため、12歳未満申請は12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に適用されます。

関連情報

1.関連ページへのリンク

パスポートの申請・交付窓口について

パスポート(旅券)について

初めてパスポートを申請する方(新規申請)

有効なパスポートをお持ちの方(切替新規申請)

氏名・本籍地等の変更により新しく作る方(訂正新規申請・記載事項変更申請)

査証欄を増やしたいとき(査証欄増補申請)

パスポートを紛失・盗難・焼失したとき(紛失届)

ヘボン式ローマ字の綴り方

パスポートの代理申請について

未成年者のパスポート申請について

パスポート申請の本人確認書類

パスポート申請用写真の規格

刑罰等関係に該当する場合

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ