初めてパスポートを申請する方(新規申請)

初めてのパスポート申請について

1.新規申請の対象者

・初めて申請する場合。

・すでに有効期限切れの失効したパスポートをお持ちで、新たに申請する場合。

・帰国のための渡航書をお持ちの方で、新たに申請する場合。

2.新規申請にあたって

・申請者本人が記入すべき箇所は全て申請者本人が明記してください。

・申請者本人に代わって代理人が申請書類を提出することもできます(申請書裏面の「申請書類等提出委任申出書」の記入が必要です。申請者記入欄は必ず申請者本人が記入してください。(ただし親権者や後見人による代理申請の場合は不要))

・未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書裏面の中段あたりの「法定代理人(親権者・後見人など)署名」欄に親権者や後見人の署名が必要です。

3.必要書類

1.一般旅券発給申請書 ・・・ 1通

申請書は、市役所市民窓口グループ又はニュータウン連絡所に設置しています。

専用の用紙(様式)で折り曲げ厳禁のため、インターネットでのダウンロードや郵送、FAXでの取り寄せはできません。

・申請日に満20歳以上の人は、10年用又は5年用のどちらか用紙をお選びのうえ、申請してください。

・申請日に満20歳未満の人は、5年用しか申請できません 。

・申請書は機械読み取りしますので、折ったり汚したりしないよう、記入の際には十分ご注意ください。

・年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、12歳未満申請は12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に適用されます。

2.戸籍謄本(全部事項証明書)または戸籍抄本(個人事項証明書) ・・ 1通

・発行日から6か月以内の原本(コピー不可)。

・同じ戸籍に記載のある家族2人以上の方が同時に申請する場合は、それら申請者全員の記載のある戸籍謄本(全部事項証明)1通で兼ねることもできます。ただし必要書類等に不備がある場合は受付できませんのでご注意ください。

・戸籍謄本(全部事項証明書)等が2枚以上で綴られている場合もありますので、切り離さずそのままお持ちください。申請者の分だけ切り離してしまうと無効となりますのでご注意ください。

・戸籍謄本等は本籍地に請求してください(大阪狭山市が本籍地ならびに申請先であっても戸籍謄本等の取得は要します)。本籍地が遠隔の場合には郵便で請求することも可能です。戸籍謄本等を取得するには多少お時間がかかると思いますので、本籍地が遠方にあられる方は、日にちに余裕をもってお早めに戸籍請求してください。請求方法の詳細は本籍地の市区町村にお問い合わせください。

3.写 真 ・・・ 1枚(申請書に貼らずにお持ちください)

・縦4.5cm×横3.5cm

・申請者本人のみを撮影したもの(乳幼児についても本人のみ)

・6か月以内に撮影されたもの

・ふちなしで右図の各寸法を満たしたもの(顔の寸法から頭頂からあごまで)

・無帽、サングラスなど非装着で正面を向いたもの

・無背景、影のないもの

・カラーでも白黒でも可

詳しくは下記リンク先「パスポート申請用写真の規格」

パスポート用写真

パスポート申請用写真の規格

4.本人確認書類

パスポート申請の本人確認書類

4.前回取得したことのあるパスポートについて

期限切れのものでも必ずご持参ください。

 パスポートを持参されなかった場合は、旅券発給履歴の確認を要するため手続きに時間を要します。

5.住民票について

・大阪狭山市に住民記録がある方は、住民票は不要です。

・居所申請の方は、住民票が必要となりますので、6か月以内に発行されたものを1通提出してください。(本籍、続柄の記載は必要ありません)

 住民票は、個人番号(マイナンバー)が記載されていないものを用意してください。

 

 居所申請について

 居所とは、他市区町村に住民記録があるが、単身赴任や学生、その他の理由により大阪狭山市を生活の拠点として実際に住んでいる状態のことです。

 居所申請にあたっては住民票と併せて、下記書類も必要となります。

・学生・生徒など ・・・ 居所が記載された学生証、在学証明書、その他

・長期出張者・単身赴任者など ・・・ 居所が記載された会社発行の身分証明書、居所証明書、その他

・船員(寄港地上陸の船員) ・・・ 船員手帳、居所(停泊地)を証明する船長証明書など

・その他 ・・・ 居所記載のある運転免許証、健康保険証、郵便物、賃貸契約書、その他居所記載のある証明書

6.申請からパスポート交付までの所要日数など

区分  <新規申請>

所要日数(申請日を含めての日数)  10日

土曜日、日曜日、祝休日、年末年始は期間に含みません。

 また、提出書類に不備等があった場合はさらに日数がかかります

・交付(受け取り)は年齢に関係なく必ず申請者本人がご来庁ください(乳幼児も同様です)。代理人は受け取りできません。 

・交付(受け取り)のできる窓口は申請をした市役所のみです。大阪府パスポートセンターや発給事務のある他市町村に申請を行ったパスポートは大阪狭山市にて交付(受け取り)することができません。

・交付(受け取り)の際には申請時にお渡した旅券引換書、および手数料が必要になります。

・旅券引換書に記載されている交付予定日が来ましたらお早めに受け取りにご来庁ください。パスポートは発行日から6か月以内に受け取りがないと失効してしまいますのでご注意ください。

7.手数料

 

7.手数料

◆(10年間有効)合計16,000円(大阪府証紙2,000円、収入印紙14,000円)


◆(5年間有効・12歳以上)合計11,000円(大阪府証紙2,000円、収入印紙9,000円)


◆(5年間有効・12歳未満)合計6,000円(大阪府証紙2,000円、収入印紙4,000円)


○交付時には現金ではなく、上記の大阪府証紙と収入印紙で納付いただきます。
○大阪府証紙と収入印紙は市民窓口グループで販売しています。

○年齢はパスポート申請日における申請者の年齢です。
○年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。
○年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。
このため、12歳未満申請は12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に適用されます。

関連情報

1.関連ページへのリンク

パスポートの申請・交付窓口について

パスポート(旅券)について

初めてパスポートを申請する方(新規申請)

有効なパスポートをお持ちの方(切替新規申請)

氏名・本籍地等の変更により新しく作る方(訂正新規申請・記載事項変更申請)

査証欄を増やしたいとき(査証欄増補申請)

パスポートを紛失・盗難・焼失したとき(紛失届)

ヘボン式ローマ字の綴り方

パスポートの代理申請について

未成年者のパスポート申請について

パスポート申請の本人確認書類

パスポート申請用写真の規格

刑罰等関係に該当する場合

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ