マイナンバーカードの暗証番号再設定について

マイナンバーカードに設定した暗証番号を忘れてしまった場合や、暗証番号の入力を連続して3回(署名用電子証明書は5回)誤って入力し、ロックされた場合、暗証番号の再設定が必要です。

暗証番号の再設定には、次のものが必要です。

<本人が手続きする場合>

・マイナンバーカード

・マイナンバーカード以外の本人確認書類(下記の「Aの書類1点」または「Bの書類1点」)

<法定代理人が手続きする場合>

・本人のマイナンバーカード

・本人のマイナンバーカード以外の本人確認書類(下記の「Aの書類1点」または「Bの書類1点」

・代理権を証する書類(戸籍謄本・登記事項証明など)

・代理人の本人確認書類(下記の「Aの書類2点」または「Aの書類1点とBの書類1点」)

<任意代理人が手続きをする場合>

任意代理人による手続きの場合、即日での手続きはできません。

1回目の手続き後に、本人あてに「回答書兼委任状」を郵送しますので、本人が必要事項を記入のうえ、2回目の手続きを任意代理人へ依頼してください。

【1回目の手続き】

・本人のマイナンバーカード

・代理人の本人確認書類(下記の「Aの書類1点」または「Bの書類2点」)

・委任状(転入届・転居届などと同時に手続きされる場合は、転入届・転居届などの委任状で委任されたとみなします)

【2回目の手続き】

・本人のマイナンバーカード

・本人のマイナンバーカード以外の本人確認書類(下記の「Aの書類1点」または「Bの書類1点」

・回答書兼委任状(本人が暗証番号及び委任事項を記載し、封筒に入れ、封を閉じた状態のものに限ります)

・代理人の本人確認書類(下記の「Aの書類2点」または「Aの書類1点とBの書類1点」)

 

本人確認書類の例 (有効中の原本に限ります。)

[A]

マイナンバーカード、住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)、パスポート(旅券)、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可証、仮滞在許可証

[B] 「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が確認できるもの

健康保険証、年金手帳、各種年金証書、介護保険証、子ども医療証、児童扶養手当証書、生活保護受給者証、官公署が発行した各種免許状等(海技免状、電気工事士免状、宅地建物取引士証など)、顔写真付きの職員証または学生証など

上記のものをお持ちでない場合は、事前にご相談ください。

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ
  • 魅力がいっぱい おいでよ。
マイナンバー制度