通知カードの廃止について

令和2年5月25日に通知カードが廃止されました。

廃止後は、通知カードの取扱いが変わりますので、ご注意ください。

なお、廃止後も通知カードに記載されたマイナンバー(個人番号)は変わりません。

通知カード廃止後の取り扱い

廃止後は、通知カードに関する以下の手続きができません。

・氏名、住所などの記載事項変更手続き

・交付、再交付の手続き

・市に返戻された通知カードの交付(廃止前に再交付申請した場合を除く)

通知カード廃止後のマイナンバーを証明する書類

・マイナンバーカード(申請から取得するまでに1ヶ月から2ヶ月ほどかかります)

・マイナンバー入りの住民票(有料)

・現在の通知カード(住民票に記載されている氏名、住所などの記載事項と一致している場合のみ)

マイナンバーカード交付申請 (地方公共団体情報システム機構のページ)

住民票の写しなどの窓口請求について

通知カード廃止後のマイナンバーの通知方法

出生等で初めてマイナンバーが付番される方へのマイナンバーの通知は、個人番号通知書により行われます。
※個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類として使用できません。

通知カード廃止後に通知カードを紛失した場合

通知カード廃止後も引き続き通知カードを紛失した場合は、紛失届を出していただく必要があります。

通知カード廃止後に通知カードの返納が必要となる場合

マイナンバーカードの交付を受ける場合、または国外へ転出する場合は、廃止後も通知カードを返納する必要があります。

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ