住民票・マイナンバーカード等への旧姓(旧氏)併記について

令和元年11月5日から、住民票・マイナンバーカード等への旧姓(旧氏)の併記ができます。

希望される人は、従来、称してきた旧姓(旧氏)を、住民票、マイナンバーカード及び印鑑登録証明書等に併記できます。契約など様々な場面で活用できるとともに、就職や職場等における身分証明に利用することができます。

旧姓(旧氏)とは

その人が過去に称していた戸籍上の氏のことで、その人に係る戸籍又は除かれた戸籍に記載されています。(住民票等に記載できる旧姓は、1人1つです。)

請求に必要なもの

  • 旧姓(旧氏)が記載された戸籍謄本(記載を希望する旧姓(旧氏)が記載された戸籍(除籍)から現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍謄本等)
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • マイナンバーカード・通知カード(旧姓を追記するために必要です。)

 

総務省ホームページ

住民票、マイナンバーカード等への旧姓(旧氏)の併記について

旧姓(旧氏)併記に関するリーフレット(表面)

旧姓(旧氏)併記に関するリーフレット(裏面)

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ