転入届(他の市区町村や国外から引越しされた方)

届出方法

届出人(窓口に来られる方)

本人または世帯主

  ※代理人(同一住所で別世帯の方含む)が届出される場合は、委任状が必要です。

   代理権授与通知書 (委任状) (PDF:112.5KB)

届出期間

 転入した日(実際に住み始めた日)から14日以内

必要なもの

届出人(窓口に来られる方)の本人確認書類 

   運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、顔写真付き住民基本台帳カード、

   特別永住者証明書、在留カードなど

転出証明書または転出証明書に準ずる証明書

  ※国外からの転入の場合は、パスポート、戸籍謄本、戸籍の附票が必要

   (大阪狭山市に本籍がある場合は戸籍謄本、戸籍の附票不要)

特別永住者証明書または在留カード(外国人住民の方全員)

通知カード(転入される方全員)

マイナンバーカード ※お持ちの方のみ

住民基本台帳カード ※お持ちの方のみ

※前住所地でマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを利用した転出届をされている場合には、転入届の際に必ずご持参ください。

届出窓口

・市民窓口グループ

・ニュータウン連絡所

※ニュータウン連絡所では、転入届の手続きのみ(国民健康保険、年金、医療、児童手当などの手続きは市役所でのみ手続き可)

転入届後の各手続きについて

転入届後、国民健康保険、年金、医療、児童手当などの手続きが必要な方は、市役所で手続きしてください。詳しくは、「転入された方へ」をご覧ください。 また、「転入された方へ」以外にも手続きが必要な場合がありますので、ご不明な点がありましたらお問い合わせください。

  転入された方へ (PDF:138.3KB)

注意事項

・転入届の手続きは、郵送ではできません。

・実際にお住まいにならないと、転入届を受理することはできません。

・住居表示地区内に住宅を新築し、転入届の手続きを行うときは住居番号(住所)を決めるための届出(住居新築届)が必要です。詳しくは、「住居表示(住居新築届)について」をご覧ください。

住居表示(住居新築届)について

関連情報

お知らせ

  • 本人確認書類をご持参ください。
    平成20年5月1日の戸籍法及び住民基本台帳法の改正に伴い、本人確認が義務付けられました。窓口へお越しの際は、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類を必ずご持参ください。
  • 第1・3土曜日(年末年始、祝日除く)の午前9時から正午まで開庁しています。
    大阪狭山市では、平日に窓口へ来庁することができない方の利便を図るため、1階を中心に第1・3土曜日(年末年始、祝日除く)の午前9時から正午まで開庁しています。ただし、転校手続きや他の機関に確認が必要な場合など内容によっては受付できない手続きもありますので、あらかじめご了承ください。

 

土曜日の窓口サービスについて(市民窓口グループ)

関連ページへのリンク

通知カード

マイナンバーカード

印鑑登録の新規申請について

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。