外国人住民のみなさまへ

外国人住民のみなさまへ

 平成24年(2012年)7月9日より住民基本台帳法、入管法及び入管特例法が改正され、同時に外国人登録法が廃止となりました。これに伴い各種届出申請の方法が変更となりました。

外国人登録証明書が「在留カード」「特別永住者証明書」に変わります

中長期在留者・永住者の人  →入国管理局にて「在留カード」に切替申請など

中長期在留者の申請手続きについて

特別永住者証の人→市役所にて「特別永住者証明書」に切替申請など

特別永住者の申請手続きについて

次の法務省ホームページ等もご覧ください

「日本に在留する外国人の皆さんへ」

「特別永住者の皆さんへ」

「入管法が変わります」

外国人住民の方の住民票について

平成24年(2012年)7月9日より外国人の方の住居地に関する証明は「登録原票記載事項証明書」から「住民票」に変わり、日本人の方と同じように住民票が発行できるようになりました。外国人住民世帯はもちろん、これまで混合世帯として別々に証明発行されてきた日本人住民と外国人住民の世帯もこれからは「複数国籍世帯」として同じ住民票で発行できるようになりました。

外国人の方で住民票が作成されるのは、短期滞在者を除く適法に三ヶ月を超えて在留して住所を有する方です。

「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」

外国人の方の住民異動届出について

これまで外国人の方の住居地変更(お引越し)届出は転出先(新しくお住まいするところ)の市区町村でのお手続きだけでしたが、平成24年(2012年)7月9日より転出地(現在お住まいしているところ)の市区町村に「転出届」を行い、転出証明書の交付を受けた後、転出先(新しくお住まいするところ)の市区町村にてお住まいする日から14日以内に「転入届」を行うなど、日本人の方と同様の異動届出が必要となります(それぞれの手続きの際には必ず在留カード、特別永住者証明書、パスポート(現在使用できるパスポートを持っている方のみ)を提示してください

 詳しくは「住民登録」の各種届出ページ、「中長期在留者に関する申請手続きについて」、「特別永住者に関する申請手続きについて」をご覧ください。

住民登録

中長期在留者の申請手続きについて

特別永住者の申請手続きについて

関連情報

1.おしらせ

  • 窓口での本人確認が義務付けられました。
    大阪狭山市では、以前から各種届出及び諸証明の請求時に本人確認書類の提示をお願いしてきましたが、平成20年5月1日以降は、戸籍法及び住民基本台帳法の改正にともない、本人確認が義務付けられました。窓口へお越しの際は、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、特別永住者許可書、在留カードなどの本人確認書類を必ずご持参ください。
  • 第1・3土曜日の午前中も窓口部門を開庁しています。
    大阪狭山市では、平日に窓口へ来庁することができない方の利便を図るため、第1・3土曜日(祝日を除く)の午前9時から正午までの間、窓口部門を中心に土曜開庁を実施しています。ただし、転校手続きや他の機関に確認が必要な場合など内容によっては受付できない手続きもありますので、あらかじめご了承ください。

詳しくは下記リンク先、「土曜日の窓口サービスについて」をご覧ください

土曜日の窓口サービスについて(市民窓口グループ)

2.関連ページへのリンク

住民票の写しなどの窓口請求について

住民登録

印鑑登録

お問い合わせ
市民生活部市民窓口グループ