平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除となりました

 免除期間

 出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます(付加年金は納付できます)。また、保険料を既に納付されている場合、産前産後期間の保険料は還付されます。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます(死産、流産、早産された方を含みます)。

 

 対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

ただし施行日が平成31年4月1日のため、4月分以降の国民年金保険料が免除対象となります。

 

 届出時期

出産予定日の6か月前から届出可能ですので、速やかに届出ください。

 

 申請書について

申請書は国民年金窓口や年金事務所にあります。また、日本年金機構ホームページからもダウンロードできます。

 

 必要書類

1.~3.と併せて必要な資料をお持ちください。

1.年金手帳または基礎年金番号の分かるもの

2.本人確認ができるもの

3.母子健康手帳

 (死産、流産、早産された方:死産証明書、死胎埋火葬許可証、母子健康手帳など)

 

 届出先

保険年金グループ国民年金窓口または年金事務所

申請書のダウンロードはこちらから

お問い合わせ
健康福祉部保険年金グループ