第三者行為(交通事故など)の届け出について

 

交通事故などの第三者(加害者)の行為によってケガをし、国民健康保険を使って治療を受ける場合は、保険者である大阪狭山市国民健康保険への届け出が必要です。

 

交通事故などにより発生した治療費は、本来第三者(加害者)が全額負担すべきものですが、届け出によって、大阪狭山市国民健康保険が一時的に立て替えを行い、後日第三者(加害者)に立て替え分を請求します。保険証を使用する場合は、すみやかに国民健康保険担当窓口へ届け出てください。

 

届け出に必要なもの

・国民健康保険被保険者証

・印鑑

・事故証明書

第三者行為による届出書 (※保険年金グループ窓口にあります)

 

示談する前に

被害者と第三者(加害者)との間で示談が行われると、被害者と保険者はその内容に従うこととなり、第三者(加害者)に対して治療費の損害賠償請求ができなくなる場合があります。必ず示談前に届け出をしてください。

 

お問い合わせ
健康福祉部保険年金グループ