無責任なねこの餌付けはやめましょう

ねこの正しい飼い方について

無責任なねこの餌付け・餌やりによりねこが集まり、ふん・尿やゴミあさり、ノミ・ダニなどの発生、また爪により車を傷つけられるなどの衛生問題や生活環境への被害など、近隣の人たちに大変迷惑をかけています。
また、集まったねこの間で子猫たちが生まれ、更に数が増えてしまうことにより、近隣への被害が拡大してしまいます。
適切に飼育されず外で暮らすねこは、伝染病や交通事故などで命を落としやすく、室内で暮らすねこに比べ不幸な生涯を送ります。
『可愛いから』、『可哀想だから』という理由で餌付けすることが、不幸なねこを増やしています。

 

ねこは室内で飼いましょう

ねこが屋外に出ると交通事故にあったり、感染症にかかったりする可能性が高くなります。それ以外にも、もしかしたら他所でフン・尿をしたり、花壇などを荒らしたりして迷惑をかけているかもしれません。ねこは室内で飼うようにしましょう。

身元が確認できるようにしましょう

飼いねこには首輪に名札や迷子札をつけるなど、飼い主がわかるようにしましょう。迷子札などをつけることは、飼いねこであることを明らかにし、万が一のときの速やかな連絡に役立ちます。

ねこを飼う意思を持たず餌やりをしていませんか?

人為的に餌やりを行ってしまうと自分で餌を探す方法を学ぶ機会を奪ってしまいます。
また適量以上の餌を取ってしまうことで病気になることがあります。
そのねこが命を終えるまで、面倒を見る覚悟がありますか?
人間本位で餌をあげてしまってはいませんか?
餌やりを行う前に、そのねこの一生を考えましょう。

野良ねこに餌を与えている皆さまへのお願い

・周辺住民の理解を得たうえで、責任を持って適切にお世話しましょう。
・周辺に迷惑(におい、鳴き声、人への危害、財産被害等)をかけないようにしましょう。
・不妊去勢手術等の繁殖制限を行いましょう。
・フンの始末をしましょう。
・餌場の清掃をしましょう。
・感染症について、正しい知識を学ぶと共に、感染防止に努めましょう。

ねこの啓発チラシ

ねこの適正飼養の啓発として、以下のチラシを作成しました。掲示等される場合は、自己所有地にて行ってください。

すてねこ禁止(PDF:495.8KB)

ねこの啓発チラシ(PDF:1.2MB)

関連ホームページ

大阪府 食の安全推進課ホームページ

ねこの相談・引取りについてのホームページ

お問い合わせ
市民生活部生活環境グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。