ごみの減量

家庭でできる減量化のポイント

生ごみ処理機購入補助制度

申請書(PDF:73.3KB)

記入例(PDF:119KB)

  • 家庭から排出される生ごみ等を堆肥化する、生ごみ処理機を購入する方に、購入経費の一部を補助し、ごみの減量化、資源化を図ります

対象となる人

  • 市内に住所を有し、かつ居住している人
  • 堆肥等を自家処理できる人

補助金額

  • 購入金額(消費税は含みません)の3分の1に相当する額(1,000円未満は切り捨て)とし、30,000円を限度とします 

生ごみ処理機購入補助金交付申請

生ごみ堆肥化容器等の貸与制度

申請書(PDF:77.4KB)

記入例(PDF:70.5KB)

  • ごみの減量化、資源化の一環として、家庭から出る生ごみを堆肥化するコンポスト容器、EMぼかし容器を無料で貸し出しする制度です

ごみ減量化推進容器等貸与申請

生ごみは水切りを十分に

台所から出る生ごみの約80%は水分です。
水切りを十分していただくだけで、ごみの減量につながります。

買い過ぎにご注意を

安いからといって、買い過ぎはごみを増やす原因になります。
特に食品の買い過ぎにはご注意を。消費期限をチェックしておくことも大切です。

容器は繰り返し使う

  • 調味料などのガラスビン、台所用洗剤などのプラスチック容器は、中身を詰め替えて繰り返し使えば、容器ごみが減らせます
お問い合わせ
市民生活部生活環境グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。